『つくづく別冊① 特集=友だちと互助会』の詳細情報

つくづく別冊① 特集=友だちと互助会
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル つくづく別冊① 特集=友だちと互助会
サブタイトル
著者 [著者区分]金井 悟 [編集]
出版社 Tidler レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 144p Cコード 0095
発売予定日 2021-04-22 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784991202704 判型 B6変形
内容紹介
自由研究を発表するためのインディーズ雑誌『つくづく』。

今回は「友だちと互助会」をテーマに、写真家・南阿沙美さんが撮影したアーティスト集団・Chim↑Pomエリイさんと友だちが新宿を彷徨うカラーページ、12組の対談、2本のエッセイを掲載!

あなたがほしかったのは友だち? それとも互助会?
目次
特集=友だちと互助会

巻頭グラビア:
「東京・新宿〝夜の街〟」エリイ(Chim↑Pom)&ザ ベストフレンズ

トークショウ
「読者との関わりを、あらためてね」青野利光×植田浩平
「大人の「保健室」がほしかった」戸田真琴×飯田エリカ
「『結婚』の奴から3年が経って」能町みね子×サムソン高橋
「LINEグループやりたくて演劇やってんの?」岩井秀人×池田亮×田中祐希
「アフタートークのアフタートーク」神谷圭介×大谷皿屋敷
「まわりに興味を持たれなさい」喰始×コラアゲンはいごうまん
「貧乏を明るく、笑い話にできる間柄を」荻原魚雷×金井タオル×木原基行
「TVODって誰だ?」コメカ×パンス
「わたしとあなたの間には、どんなテーブルがあるんだろう」若林恵×宮田文久
「エスペラントの友だち」エスペランティストの皆さん
「仕事を辞めたら、友だちになれるかも」爪切男×高石智一
「俺がわからない俺について、誰か話してくれないか」プロボケ

エッセイ
「川勝正幸さんのこと」下井草秀
「友だちの余白に――大学と互助会」植田将暉

無限階段#1
竹内厚
他の書籍を検索する