『ヒグマが育てる森』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ヒグマが育てる森
サブタイトル
著者 [著者区分]前田 菜穂子 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2300円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0045
発売予定日 2005-12-22 ジャンル 一般/単行本/生物学
ISBN 9784000019385 判型 46
内容紹介
「ヒグマのお母さん」と呼ばれて
目次
はじめに
 なぜクマは里にでてきたか
 ドーナツ化現象
 死んだ森
 アイヌモシリ

第1章 山の神―キムンカムイと萱野茂さん
 1――ネパールへ
  チカップニアイヌ/ネパール
 2――のぼりべつクマ牧場
   飼育係として/クマ牧場は有害駆除されたみなしご収容施設/クマを知ること/生まれたばかりの子グマを育てる/冬ごもりの実験
 3――萱野茂先生との出会い
  アイヌのヒグマ観

第2章 クマ絶滅の近代史
 1――有害獣駆除
 2――春グマ駆除
 3――政策の転換
   実現に向けて

第3章 私たちの挑戦
 1――北大クマ研
   ワイルドライフ・マネージメント/フィールドワークの訓練/苦い挑戦/ヒグマの生息調査/アイヌの伝統猟師たち/コリドー(渡り廊下)の発見/クチャチセつくり/カムイチセ(冬ごもり穴)を訪ねる/シカを捕るトラジロウ/秋の大遠征/知床の挑戦/地元の人々と
 2――ヒグマの会
  設立にいたるまで/ヒグマの会のポリシー/現場主義に徹する/国の責任とは?/若者に託す次のステップ/クマとの共存に最も重要な認識とは/なすべきこと
 3――クマネットワークの広がり

第4章 ベアパーソン――野生との共存に向けて
 1――国際クマ会議
 2――アラスカ・カトマイ国立公園
  クマと共に生きる/日本の現状
 3――スエーデン・ベアパーク
   自然の森を囲ったベアパーク/世界で最もクマを増やせたわけ――120年サイクルでの森づくり/冬ごもり穴はアリ塚/スカンジナビア・ベア・プロジェクト

第5章 ヒグマが育てる森
 1――ヒグマが育てる森
   植樹ではない再生,萌芽更新
 2――クマさん教室

おわりに
資料
他の書籍を検索する