『環境経済学』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 環境経済学
サブタイトル
著者 [著者区分]■植田 和弘 [著・文・その他]
■植田 和弘 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル 現代経済学入門
本体価格
(予定)
2600円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0333
発売予定日 1996-07-05 ジャンル 一般/全書・双書/経済・財政・統計
ISBN 9784000045766 判型 A5
内容紹介
目次
はしがき


第1章 環境問題と経済学
 1 環境と人間社会
 2 環境の定義と経済的性格
 3 経済学と環境問題
 4 持続可能な発展論の提起
 〔column〕失われゆく自然


第2章 環境経済学の課題
 1 環境破壊の原因
 2 市場の失敗と所有権アプローチ
3 政府の失敗と公共的意思決定
 4 環境経済学の課題
 〔column〕日本の公害:水俣病と四大公害裁判


第3章 環境・経済統合勘定
 1 環境勘定
 2 GNP指標の問題点
 3 指標改良の試み
4 「環境・経済統合勘定」とその理論的諸問題
 5 環境・経済統合勘定の課題
 〔column〕人間発達度指数


第4章 環境と開発の経済学
 1 開発の費用と便益
 2 持続可能性と費用便益分析
 3 環境保全と世代間衡平
 〔column〕環境難民


第5章 環境評価と意思決定の理論
 1 環境の価値
 2 環境損害の貨幣的評価
 3 環境価値の評価方法
 4 環境価値と意思決定ルール
〔column〕自動車の社会的費用


第6章 環境政策の目標・手段・主体
 1 環境政策の目標
 2 環境政策の手段
 3 環境政策手段の選択基準
 4 環境政策の主体
 〔column〕ラヴ・キャナル事件とスーパーファンド


第7章 環境政策と経済的手段
 1 環境政策手段の選択問題
 2 環境税の実際
 3 環境政策の設計
 〔column〕公害防止協定


第8章 環境政策のフロンティア
 1 環境政策と技術革新
 2 環境リスク管理
 3 環境政策と費用負担
 4 環境税制改革
 〔column〕エコ・ラベル制度


第9章 環境資源とコモンズ
 1 再生可能な環境資源の最適管理
 2 「コモンズの悲劇」とストック外部性
 3 「コモンズの悲劇」と囚人のジレンマ
4 コモンズ論の新展開
 補注
 〔column〕世界のコモンズとその保全


第10章 地球環境と経済
 1 地球環境問題の性格と類型
 2 地球温暖化の経済学
 3 環境と貿易
 〔column〕環境汚染の玉突き現象


第11章 持続可能な展開への課題
 1 地球環境保全と利害対立
 2 所得水準と環境指標
 3 所得格差と人口・食料・環境問題
 4 アジアの環境問題と開発モデル
〔column〕Think Globally, Act Locally


 リーディングリスト
索引
他の書籍を検索する