『可視化の技術と現代幾何学』の詳細情報

可視化の技術と現代幾何学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 可視化の技術と現代幾何学
サブタイトル
著者 [著者区分]若山 正人 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
3400円 シリーズ
ページ数 240p Cコード 3041
発売予定日 2010-03-26 ジャンル 専門/単行本/数学
ISBN 9784000052054 判型 A5
内容紹介
コンピュータグラフィックスを支える幾何学
目次


第1章 曲面の微分幾何
 
1.1 滑らかな曲面
 
1.2 平均曲率
 
1.3 曲面論の基本定理
 
1.4 ガウス曲率一定曲面
 
1.5 平均曲率一定曲面
 
1.6 一般曲面の表現公式
 
参考文献
 
1.7 付録

第2章 離散可積分系の基礎
 
2.1 はじめに
 
2.2 離散化の基本的アイデア
 
2.3 2次元戸田格子方程式とその離散化
 
2.4 Bäcklund変換
 
2.5 終わりに
 
参考文献

第3章 平均曲率一定曲面
 
3.1 CMC曲面を学ぶことへの動機づけ
 
3.2 CMC曲面とその変分的性質
 
3.3 アンビエント空間
 
3.4 1950年代以降のCMC曲面の研究
 
3.5 5次元ミンコフスキー空間と曲面理論
 
参考文献

第4章 曲線や曲面に関する離散微分幾何学
 
4.1 はじめに
 
4.2 R 2とCP 1の離散曲線
 
4.3 高次元のメビウス変換
 
4.4 R 3の離散曲面
 
参考文献

第5章 デジタル映像表現のための幾何学
 
5.1 CGにおける基礎概念
 
5.2 3次元の回転と四元数
 
5.3 トゥーンシェーディングと幾何学的変換
 
5.4 実例ベースのCG表現

 参考文献
 索引
他の書籍を検索する