『人間とは何か ~チンパンジー研究から見えてきたこと ~ 』の詳細情報

人間とは何か
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 人間とは何か
サブタイトル チンパンジー研究から見えてきたこと
著者 [著者区分]松沢 哲郎 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 288p Cコード 0011
発売予定日 2010-06-17 ジャンル 一般/単行本/心理(学)
ISBN 9784000063012 判型 B5
内容紹介
ちびっこチンパンジーたちはもうすぐ10歳!
目次
はじめに
第1部 人間とは何か――ちびっこチンパンジーたちが教えてくれたこと 松沢哲郎

第2部 ちびっこチンパンジー
  第1~100回
  霊長類研究所に住むチンパンジー家系図
第3部 人間の心の進化的起源を探る――チンパンジーの心の研究を通じて
  1 霊長類学の〈到達点〉――霊長類学60周年とアイ・プロジェクト30周年 松沢哲郎
  2 チンパンジーから知る自己・他者・身体――チンパンジーから見た世界2.0 友永雅己
  3 経験によって変わる世界の見え方 田中正之
  4 心の発達と教育の進化的基盤 明和政子
  5 ことばが生まれる基盤とは 松井智子
  6 物を扱う知性(1)――チンパンジーとヒトの比較から 林 美里
  7 物を扱う知性(2)――飼育下と野生のチンパンジー,ヒトとの比較 林 美里
  8 霊長類の手の把握能力――その起源を探る 江木直子・高井正成
  9 性行動の進化と社会――ボノボ,チンパンジー,ヒトとの比較から 橋本千絵
[座談会] フィールドワーク60年の伝統から将来を託される野生動物研究センターへ――霊長類学60周年にあたって
伊谷原一×松沢哲郎×松林公蔵×山極寿一
    [コラム]
    ヒマラヤから海中へ,氷河から熱帯雨林へ 幸島司郎
    フィールドワークとゲノム科学をつなぐ 村山美穂
 出典一覧
他の書籍を検索する