『心理臨床の技能と研究』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 心理臨床の技能と研究
サブタイトル
著者 [著者区分]倉光 修 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル 心理臨床の基礎
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 200p Cコード 3311
発売予定日 2003-05-28 ジャンル 専門/全書・双書/心理(学)
ISBN 9784000067089 判型 A5
内容紹介
新たな「臨床の知」創造の手がかりに
目次
1 何をいかに誰から学ぶか
 1.1 何を学ぶか
  セラピストと医師/セラピストと教師/セラピストと宗教家
  1.2 いかに学ぶか
  1.3 誰から学ぶか
  1.4 資格の意味
2 私の理論とアプローチ
  2.1 人間の心的現象と身体的現象の志向性
  2.2 心理的問題と心理療法
  2.3 AIOの概要
    一般的プロセス/解説
  2.4 他のアプローチとの共通点と相違点
    一般の人々のアプローチとの比較/他の学派との比較
3 私のアプローチの実際
  3.1 自閉症
  3.2 ADHD(注意欠陥・多動性障害)
  3.3 不登校・引きこもり
  3.4 非行
  3.5 強迫観念・強迫行為・パニック
  3.6 統合失調症(精神分裂病)
  3.7 境界性人格障害
  3.8 うつ状態
  3.9 不登校児の親
  3.10 障害児の親
  3.11 災害や犯罪の被害者
  3.12 老いや死に直面するクライエント
4 訓練生へのアドバイス
  4.1 インテーク
    挨拶/服装/言葉遣い/申込票や承諾書などへの記入/着席/主訴/問題歴/問題反応形成の条件(原因)の探求/面接中のメモ/望ましい行動/プレイセラピーのインテーク面接/心理テスト/フィードバック
  4.2 心理療法の各セッション
    クライエントが沈黙しがちなとき/クライエントが質問にごく簡単にしか答えないとき/問題反応と一見関係のない話や遊びが繰り返されるとき/言語的メッセージと非言語的メッセージが一致しないとき/クライエントと価値観が異なるとき/どうしても共感できないと感じるとき/投影や転移が生じていると思ったとき/事実と見解の混同が生じているように思えたとき/妄想的な話/クライエントに対する感情の表現/セラピストに個人的な質問がなされるとき/クライエントと性関係をもちたいと思ったとき/禁止されていることを行ってしまったとき/贈り物について/次のセッションまでの目標を設定するとき/プレイセラピーで玩具の持ち帰りや時間延長の要求があったとき/個人的当為について/親や教師に心理療法的要素を取り入れてほしいとき/キャンセルがあったとき/中断
5 臨床心理学の研究
  5.1 臨床心理学における研究の多様性
  5.2 調査研究
    問題と目的/方法/結果/考察
  5.3 事例研究
    はじめに/クライエント/面接経過/考察
   おわりに
   索引


他の書籍を検索する