『〈眠り病〉は眠らない ~日本発!アフリカを救う新薬 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 〈眠り病〉は眠らない
サブタイトル 日本発!アフリカを救う新薬
著者 [著者区分]■北 潔 [著・文・その他]
■山内 一也 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ 岩波科学ライブラリー 140
ページ数 128p Cコード 0347
発売予定日 2008-01-30 ジャンル 一般/全書・双書/医学・歯学・薬学
ISBN 9784000074803 判型 B6
内容紹介
難病の歴史と国産新薬開発のゆくえを追う
目次
はじめに
 
1 なぜいま睡眠病なのか
睡眠病とはどんな病気か/植民地化が広げた睡眠病/エイズと同様の緊急性が認識された睡眠病対策/睡眠病の現状/日本で開発が進む新薬への期待
 
2 アフリカ大陸を不毛にするナガナ病
ナガナ病とはどんな病気か/野生動物と共存するトリパノソーマ/アフリカの貧困をもたらすナガナ病/化学療法剤によるナガナ病対策/不妊とした雄によるツェツェバエ根絶計画
 
3 睡眠病はなぜ起こるのか――原因解明にいたる道のり
蛙の血液で見出されたラセン状の生物/ナガナ病の原因解明/睡眠病の原因もトリパノソーマ/ローデシア・トリパノソーマの発見/ロベルト・コッホと睡眠病
 
4 原虫トリパノソーマの生物学
トリパノソーマの特徴/トリパノソーマのライフ・サイクル/トリパノソーマが免疫系の攻撃から逃れる戦略/ツェツェバエの特徴/ツェツェバエによるトリパノソーマの伝播
 
5 遅れている睡眠病の診断法と治療薬
睡眠病の臨床経過/現在の診断法/新しい診断法の開発/魔法の弾丸,化学療法剤を求めて/睡眠病治療薬アトキシルから梅毒治療薬サルバルサンへ/アトキシルによる睡眠病治療/現在用いられている治療薬/見捨てられた病気のための薬
 
6 新薬開発をめざして――日本からの貢献
アスコフラノン/哺乳類と異なる寄生虫のエネルギー代謝/トリパノソーマのシアン耐性酸化酵素/アスコフラノンの抗トリパノソーマ作用/アスコフラノンの実用化をめざして/地球レベルでの創薬への抱負
 
あとがき
参考文献
他の書籍を検索する