『量子力学 I ~原子と量子 ~ 』の詳細情報

量子力学 I
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 量子力学 I
サブタイトル 原子と量子
著者 [著者区分]中嶋 貞雄 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル 物理入門コース 5
本体価格
(予定)
2600円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 3342
発売予定日 1983-04-20 ジャンル 専門/全書・双書/物理学
ISBN 9784000076456 判型 A5
内容紹介
目次
物理入門コースについて
 はじめに


1 原子とエーテル
 1-1 序 論
1-2 真空と気体の圧力
1-3 原子と分子
1-4 原子番号と質量数
1-5 光の粒子論と波動論
1-6 波動方程式
1-7 真空概念の変革


2 荷電粒子の弾道論
 2-1 序 論
2-2 電場による運動制御
2-3 磁場による運動制御
2-4 同位体の質量分析
2-5 素電荷の測定
2-6 光る電子
2-7 電子発光の振動子モデル
2-8 磁場によるスペクトルの変化


3 熱運動の古典論
 3-1 序 論
3-2 ブラウン運動とボルツマン定数
3-3 古典力学の正準形式
3-4 古典統計力学の基本公式
3-5 マクスウェル分布
3-6 気体の比熱と圧力
3-7 固体の比熱


4 量子論の誕生
 4-1 序 論
4-2 キルヒホッフの法則
4-3 固有振動と固有値問題
4-4 固有振動の重ねあわせ
4-5 電磁場の平面波展開
4-6 熱放射のエネルギー密度
4-7 プランクの放射式
4-8 量子論の誕生


5 原子構造と量子論
 5-1 序 論
5-2 α線散乱と原子構造
5-3 ラザフォード散乱の断面積
5-4 ボーアの量子論
5-5 光の放出・吸収
5-6 電子衝撃
5-7 ゾンマーフェルトの量子化条件


6 粒子・波動の2重性
 6-1 序 論
6-2 結晶によるX線散乱
6-3 波動の複素数表示
6-4 コンプトン散乱とX線の粒子性
6-5 ド・ブローイ物質波
6-6 幾何工学とニュートン力学
6-7 シュレーディンガー方程式の発見


7 量子力学の確率
 7-1 序 論
7-2 電子波の回折
7-3 確率振幅としての
7-4 不確定性原理
7-5 運動量表示の波動関数
7-6 シュレーディンガー方程式とエネルギー準位
7-7 調和振動子のエネルギー準位


 問題略解
 索 引
他の書籍を検索する