『光・熱・波動 ~光・熱・波動 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 光・熱・波動
サブタイトル 光・熱・波動
著者 [著者区分]■ファインマン,R.P. [著・文・その他]
■ファインマン,R.P. [著・文・その他]
■レイトン,R.B.(ロバート・B) [著・文・その他]
■富山 小太郎 [翻訳]
出版社 岩波書店 レーベル ファインマン物理学
本体価格
(予定)
3800円 シリーズ
ページ数 416p Cコード 3042
発売予定日 1986-02-07 ジャンル 専門/単行本/物理学
ISBN 9784000077125 判型 B5
内容紹介
目次
はじめに
第1章 光学:最小時間の原理
 1-1 光
 1-2 反射と屈折
 1-3 フェルマーの最小時間の原理
 1-4 フェルマーの原理の応用
 1-5 フェルマーの原理のもっと正確ないい表わし方
 1-6 どのような働きをするか
第2章 幾何光学
 2-1 はじめに
 2-2 球面の焦点距離
  2-3 レンズの焦点距離
  2-4 倍 率
 2-5 組み合せレンズ
  2-6 収 差
  2-7 分解能
第3章 電磁輻射
  3-1 電磁気
  3-2 輻 射
  3-3 双極輻射体
  3-4 干 渉
第4章 干 渉
  4-1 電磁波
  4-2 輻射のエネルギー
  4-3 正弦波
  4-4 二つの双極振動子
  4-5 干渉の数学
第5章 回 折
  5-1 n個の等しい振動子による合成振幅
  5-2 回折格子
  5-3 回折格子の分解能
  5-4 放物鏡アンテナ
  5-5 薄膜の色;結晶
  5-6 不透明なスクリーンによる回折
  5-7 平面上に分布する振動電荷による電場
第6章 屈折率の本質
  6-1 屈折率
  6-2 物質による電場
  6-3 分 散
  6-4 吸 収
  6-5 電波によって運ばれるエネルギー
  6-6 スクリーンによる回折
第7章 輻射減衰.光の散乱
  7-1 輻射抵抗
  7-2 エネルギーの輻射の割合
  7-3 輻射減衰
  7-4 独立な波源
  7-5 光の散乱
第8章 偏 光
  8-1 光の電場ベクトル
  8-2 散乱光の偏り
  8-3 複屈折
  8-4 偏光子
  8-5 光学活性(旋光性)
  8-6 反射光の強さ
  8-7 異常屈折
第9章 輻射における相対論的効果
  9-1 動く光源
  9-2 “見かけ”の運動を求めること
  9-3 シンクロトロン輻射
  9-4 宇宙のシンクロトロン輻射
  9-5 制動輻射
  9-6 ドップラー効果
  9-7 4元ベクトルω,k
  9-8 光行差
  9-9 光の運動量
第10章 色 覚
  10-1 人間の眼
  10-2 光の強さで変わる色
  10-3 色感の測定
  10-4 色度図
  10-5 色覚の機構
  10-6 色覚の生理化学
第11章 見ることの機構
 11-1 色の感覚
 11-2 眼の生理学
 11-3 桿細胞
 11-4 昆虫の複眼
 11-5 他の眼
 11-6 視覚の神経学
第12章 量子現象
 12-1 原子力学
 12-2 銃弾による実験
  12-3 波に関する実験
  12-4 電子を使った実験
 12-5 電子波の干渉
 12-6 電子を観測する
 12-7 量子力学の第一原理
 12-8 不確定性原理
第13章 波の見方と粒子の見方との関係
  13-1 確率波振幅
  13-2 位置と運動量の測定
  13-3 結晶による回折
  13-4 原子の大きさ
  13-5 エネルギー準位
  13-6 哲学的意味
第14章 気体分子運動論
  14-1 物質の性質
  14-2 気体の圧力
  14-3 輻射の圧縮率
  14-4 温度と運動エネルギー
  14-5 理想気体の法則
第15章 統計力学の原理
  15-1 大気の密度と圧力
  15-2 ボルツマンの法則
  15-3 液体の蒸発
  15-4 分子の速度分布
  15-5 気体の比熱
  15-6 古典物理学の破綻
第16章 ブラウン運動
  16-1 エネルギーの均等配分
  16-2 輻射の熱平衡
  16-3 エネルギーの均等配分と量子振動体
  16-4 酔歩の問題
第17章 分子運動論の応用
  17-1 蒸 発
  17-2 熱電子放出
  17-3 熱電離
  17-4 化学反応の分子運動論
  17-5 アインシュタインの輻射の法則
第18章 拡 散
  18-1 分子間の衝突
  18-2 平均自由行程
  18-3 押し流される速さ
  18-4 イオン伝導率
  18-5 分子拡散
  18-6 熱伝導率
第19章 熱力学の法則
  19-1 熱機関;第一法則
  19-2 第二法則
  19-3 可逆機関
  19-4 理想機関の効率
  19-5 熱力学的温度
  19-6 エントロピー
第20章 熱力学の説明
  20-1 内部エネルギー
  20-2 応 用
  20-3 クラウジウス‐クラペイロンの式
第21章 爪車と歯止め
 21-1 爪車の働き
 21-2 熱機関としての爪車
 21-3 力学における可逆性
 21-4 不可逆性
 21-5 秩序とエントロピー
第22章 音.波動方程式
 22-1 波
 22-2 音の伝播
  22-3 波動方程式
  22-4 波動方程式の解
 22-5 音の速さ
第23章 唸 り
  23-1 二つの波を加えること
  23-2 唸りの音と変調
  23-3 側帯波
  23-4 局在する波連
  23-5 粒子の確率振幅
  23-6 3次元内の波
  23-7 基準振動
第24章 モード
  24-1 波の反射
  24-2 固有振動数をもつ局限された波
  24-3 2次元におけるモード
  24-4 聯成振子
  24-5 線型系
第25章 ハーモニクス
  25-1 楽 音
  25-2 フーリエ級数
  25-3 音質と和音
  25-4 フーリエ係数
  25-5 エネルギーの定理
  25-6 非線型の応答
第26章 波
  26-1 へさきの波
  26-2 衝撃波
  26-3 固体内の波
  26-4 表面波
第27章 物理法則の対称性
  27-1 対称の操作
  27-2 空間と時間における対称性
  27-3 対称性と保存則
  27-4 鏡 映
  27-5 極性ベクトルと軸性ベクトル
  27-6 どちらが右手か?
  27-7 パリティは保存しない
  27-8 反物質
  27-9 破れた対称性
 
演 習
演習回答
他の書籍を検索する