『量子力学 ~量子力学 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 量子力学
サブタイトル 量子力学
著者 [著者区分]■R・P・ファインマン [著・文・その他]
■R・P・ファインマン [著・文・その他]
■ロバート・B・レイトン [著・文・その他]
■砂川 重信 [翻訳]
出版社 岩波書店 レーベル ファインマン物理学
本体価格
(予定)
4300円 シリーズ
ページ数 512p Cコード 3042
発売予定日 1986-04-07 ジャンル 専門/単行本/物理学
ISBN 9784000077156 判型 B5
内容紹介
目次
第1章 量子的な性質
 1-1 原子の力学
 1-2 弾丸をつかった実験
 1-3 波をつかった実験
 1-4 電子をつかった実験
 1-5 電子波の干渉
 1-6 電子を監視する
 1-7 量子力学の第1原理
 1-8 不確定性原理

第2章 波動的観点と粒子的観点との関係
 2-1 確率波の振幅
 2-2 位置と運動量の測定
 2-3 結晶による回折
 2-4 原子の大きさ
 2-5 エネルギー準位
 2-6 哲学的意味

第3章 確率振幅
 3-1 振幅の結合則
 3-2 2個のスリットによる干渉模様
 3-3 結晶による散乱
 3-4 同種粒子

第4章 同種粒子
 4-1 ボース粒子とフェルミ粒子
 4-2 2個のボース粒子の状態
 4-3 n個のボース粒子の状態
 4-4 光子の放出と吸収
 4-5 黒体によるスペクトル
 4-6 液体ヘリウム
 4-7 排他律

第5章 スピン1
 5-1 シュテルン‐ゲルラッハの装置による原子の分離
 5-2 ろ過された原子を用いた実験
 5-3 一連のシュテルン‐ゲルラッハのフィルター
 5-4 基本状態
 5-5 振幅の干渉
 5-6 量子力学のからくり
 5-7 別の基本状態への変換
 5-8 その他の場合

第6章 スピン1/2
 6-1 振幅の変換
 6-2 回転した座標系への変換
 6-3 z軸のまわりの回転
 6-4 y軸のまわりの180°および90°の回転
 6-5 x軸のまわりの回転
 6-6 任意の回転

第7章 振幅の時間依存性
 7-1 静止している原子;定常状態
 7-2 一様な運動
 7-3 位置のエネルギー;エネルギーの保存
 7-4 力;古典的極限
 7-5 スピン1/2の粒子の歳差運動

第8章 ハミルトニアン行列
 8-1 振幅とベクトル
 8-2 状態ベクトルの分解
 8-3 現実の世界の基本状態とはどんなものか
 8-4 状態は時間とともにどのように変わるか
 8-5 ハミルトニアン行列
 8-6 アンモニア分子

第9章 アンモニア・メーザー
 9-1 アンモニア分子の状態
 9-2 静電場内のアンモニア分子
 9-3 時間に依存する場のなかでの転移
 9-4 共鳴点における転移
 9-5 共鳴点からはずれているときの転移
 9-6 光の吸収

第10章 他の2状態系
 10-1 水素分子イオン
 10-2 核 力
 10-3 水素分子
 10-4 ベンゼン分子
 10-5 染 料
 10-6 磁場内におけるスピン1/2の粒子のハミルトニアン
 10-7 磁場のなかで自転する電子

第11章 さらに2状態系について
 11-1 パウリのスピン行列
 11-2 演算子としてのスピン行列
 11-3 2状態方程式の解
 11-4 光子の偏りの状態
 11-5 中性K中間子
 11-6 N状態系への一般化

第12章 水素原子の超微細構造
 12-1 2個のスピン1/2の粒子からなる体系の基本状態
 12-2 水素原子の基底状態に対するハミルトニアン
 12-3 エネルギー準位
 12-4 ゼーマン効果
 12-5 磁場のなかでの状態
 12-6 スピン1の場合の射影行列

第13章 結晶格子内における伝播
 13-1 1次元格子内における電子の状態
 13-2 決ったエネルギーの状態
 13-3 時間に依存している状態
 13-4 3次元格子内の電子
 13-5 格子内における他の状態
 13-6 格子のなかの不完全さによる散乱
 13-7 格子欠陥による捕獲
 13-8 散乱振幅と束縛状態

第14章 半導体
 14-1 半導体内の電子とホール
 14-2 不純物半導体
 14-3 ホール効果
 14-4 半導体の接合
 14-5 半導体接合の整流作用
 14-6 トランジスター

第15章 独立粒子近似
 15-1 スピン波
 15-2 2個のスピン波
 15-3 独立の粒子
 15-4 ベンゼン分子
 15-5 さらに有機化学について
 15-6 独立粒子近似の他の場合への応用

第16章 振幅の位置依存性
 16-1 線上の振幅
 16-2 波動関数
 16-3 一定の運動量をもつ状態
 16-4 xの状態の規格化
 16-5 シュレーディンガーの方程式
 16-6 量子化されたエネルギー準位

第17章 対称性と保存則
 17-1 対称性
 17-2 対称性と保存則
 17-3 保存則
 17-4 偏った光
 17-5 Λ0粒子の崩壊
 17-6 回転の行列のまとめ

第18章 角運動量
 18-1 電気双極子放射
 18-2 光の散乱
 18-3 ポジトロニウムの消滅
 18-4 任意のスピンに対する回転の行列
 18-5 核のスピンの測定
 18-6 角運動量の合成
 補遣1 回転の行列の導出
 補遣2 光子の放出の際のパリティーの保存

第19章 水素原子と周期律表
 19-1 水素原子に対するシュレーディンガーの方程式
 19-2 球対称な解
 19-3 角度依存性をもつ状態
 19-4 水素原子の一般の解
 19-5 水素原子の波動関数
 19-6 周期律表

第20章 演算子
 20-1 操作と演算子
 20-2 平均エネルギー
 20-3 原子の平均エネルギー
 20-4 位置の演算子
 20-5 運動量の演算子
 20-6 角運動量
 20-7  平均値の時間的変化

第21章 古典的状況のもとでのシュレーディンガーの方程式:超伝導のゼミナール
 21-1 磁場内におけるシュレーディンガーの方程式
 21-2 確率の連続の方程式
 21-3 2種類の運動量
 21-4 波動関数の意味
 21-5 超伝導
 21-6 マイスナー効果
 21-7 磁束の量子化
 21-8 超伝導の力学
 21-9 ジョセフソン接合

ファインマンの結びの言葉

 演 習
 演習回答
他の書籍を検索する