『アメリカでいちばん美しい人 ~マリリン・モンローの文化史 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アメリカでいちばん美しい人
サブタイトル マリリン・モンローの文化史
著者 [著者区分]亀井 俊介 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2600円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0023
発売予定日 2004-12-16 ジャンル 一般/単行本/伝記
ISBN 9784000220255 判型 46
内容紹介
持続するモンローへの高い関心を読み解く
目次
はしがき

I 「セックス・シンボル」の誕生
 
生い立ち/「孤児」の白昼夢/ピンアップからスターレットへ/ 自分を変える努力/ヌード・カレンダー事件/大衆のスター/モンロー映画

II 栄光と反逆と苦闘
 
ジョー・ディマジオ/ハリウッドへの反逆/アクターズ・スタジオ/アーサー・ミラー/「赤狩り」に抗して/結婚と女優/恐怖との闘い/最後の映画/病の巣窟/ケネディへの「ハッピー・バースデー」/疑惑の渦/孤独な死

III 「すばらしい女優」の生
 
マリリン・モンローの系譜/「隣の女の子」の中の「怪物」/デモクラシーの娘/モンロー時代

IV 「女神」の形成
 
現代のイコン(聖像)/ポップ・アートのヒロイン/文学とワンダフルな女/フェミニズムの渦の中で/「美しい人」へのあこがれ

V 日本におけるマリリン・モンロー
 
「セックス・シンボル」の矮小化/マリリンを生きる女性作家たち/多彩なモンロー美術/スズキシン一の「マリリン曼荼羅」/モンロー熱の進展/「人間」の美

あとがき

写真一覧
マリリン・モンロー略年譜
主要参考文献
他の書籍を検索する