『アテネ 最期の輝き』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アテネ 最期の輝き
サブタイトル
著者 [著者区分]澤田 典子 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 272p Cコード 0022
発売予定日 2008-03-19 ジャンル 一般/単行本/外国歴史
ISBN 9784000220415 判型 46
内容紹介
古代ギリシアのポリスにおける民主政とは?
目次
はじめに

序章――「黄昏のアテネ」に迫る
 1 「黄昏のアテネ」とデモステネス
2 「政治家」と「政治グループ」

第1章 決戦へ
  1 デモステネスの生きた時代
2 デモステネスの前半生
3 反マケドニアの政治家として
4 「宿敵」アイスキネスとの対立

第2章 敗戦――マケドニアの覇権
  1 戦後処理
2 デモステネスの活躍
3 アレクサンドロスの時代の幕開け
4 マケドニアの傘の下で

第3章 対決――「冠の裁判」
  1 裁判が始まるまで
2 「弁論家の戦い」

第4章 平穏――嵐の前の静けさ
  1 デモステネスの隣人たち
2 アテネ民主政の姿
3 動乱の前ぶれ

第5章 擾乱――ハルパロス事件
  1 ハルパロス事件とは
2 事件当時のアテネの情勢
3 ハルパロス裁判
4 裁判の背後の人間模様

第6章 終幕――デモステネスとアテネ民主政の最期
  1 民主政アテネの最後の闘い
2 愛国者たちのそれぞれの最期

終 章
  1 デモステネスの遺したもの
2 「黄昏」の民主政

史料について/主要参考文献/関連年表
あとがき
他の書籍を検索する