『金融で解く地球環境』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 金融で解く地球環境
サブタイトル
著者 [著者区分]藤井 良広 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 288p Cコード 0033
発売予定日 2005-12-22 ジャンル 一般/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784000225465 判型 46
内容紹介
環境問題に取り組む際に必要な金融機能とは
目次
序 章
 エコハウスを支える
借り手を監視・点検する
カーボン通貨の誕生

第1章 環境金融とは何か
 環境金融のベースライン
「理屈」の世界を検証しよう
環境経済と環境金融との違い
環境と金融との必然の出会い

第2章 銀行は環境配慮行動をとれるか
 融資機能の役割と課題
融資機能による実際例をみてみよう
先行する欧州での政策・銀行連携の試み

第3章 環境リスクの不確実性をどうさばくか
 新BIS規制の持つ環境インパクトは
環境リスク・プレミアムを考える
銀行取引約定に環境評価を盛り込めるか
環境情報をどう扱うか

第4章 地球を救うか 環境プロジェクトファイナンス
 PFで開発と保護の見極めは可能か
環境PFの実際例をみてみよう
金融のモニタリング機能の展開

第5章 保険はどこまで環境を補償できるか
 保険機能の活用
補償に至る前の環境配慮促進策
保険業の環境リスク対策

第6章 直接金融の環境活用法
 社会的責任投資ファンド(SRI)の世界
SRIを支える三つの柱とは
直接金融の活用は多様に広がる
信託機能の活用法は

第7章 金融は地球温暖化を防ぐことができるか
 きしむ地球,揺らぐ生態系
カーボン取引の仕組みと展開はこうなる
排出権取引市場はどんどん広がる

あとがき
他の書籍を検索する