『衰退論の登場』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 衰退論の登場
サブタイトル
著者 [著者区分]アメリカ学会 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル 原典アメリカ史 8
本体価格
(予定)
6000円 シリーズ
ページ数 340p Cコード 3022
発売予定日 2006-06-06 ジャンル 専門/単行本/外国歴史
ISBN 9784000227551 判型 A5
内容紹介
ニューライト台頭の時代を多角的に分析
目次
第8巻,第9巻,別巻の刊行にあたって

第一部 概説

 はじめに

 一 リベラル・コンセンサスの危機
  1 社会経済的変容――70年代のアメリカ
2 政治空間の変容

 二 ジミー・カーターと衰退の政治
  1 1976年大統領選挙
2 カーターの大統領リーダーシップ
3 カーター政権の内政
4 カーター政権の対外政策

 三 レーガンの時代
  1 1980年選挙――「レーガン革命」の政治力学
2 レーガンの大統領リーダーシップ
3 レーガン政権の内政
4 レーガン政権の対外政策

 おわりに

第二部 分野と解説

 一 内政
  1 カーター政権の登場と混迷
2 レーガン政権の登場とレーガノミックスの展開
3 社会運動の展開
4 ジェシー・ジャクソンの「虹の連合」とその背景
5 分割政府の時代

 二 国際関係
  6 カーター外交の登場
7 デタントの崩壊と新冷戦
8 核凍結運動とSDI
9 イラン・コントラ事件
10 新デタントから冷戦の終結へ
11 移民問題の浮上
12 人権外交とレーガン・ドクトリン

 三 経済
  13 オイル・ショック
14 自由貿易体制の動揺
15 金融産業の混乱と制度改革
16 レーガン政権の経済政策の帰結
17 技術革新のフロンティア

 四 社会・文化
  18 都市環境の変貌
19 新たな保守主義の台頭
20 衰退論争
21 多文化主義の萌芽
22 非主流教派の隆盛

寄稿者一覧
索引
他の書籍を検索する