『社会史史料集』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 社会史史料集
サブタイトル
著者 [著者区分]アメリカ学会 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル 原典アメリカ史
本体価格
(予定)
6600円 シリーズ
ページ数 384p Cコード 3022
発売予定日 2006-08-29 ジャンル 専門/単行本/外国歴史
ISBN 9784000227575 判型 A5
内容紹介
建国から現代まで.社会史の視点で捉える
目次
第八巻,第九巻,社会史史料集の刊行にあたって

第一部 アメリカ社会史の課題と方法
 社会史とは――社会史の叙述と史料
  はじめに
    1 社会史の展開と課題――アメリカ社会史の特性
2 集団をいかに叙述するかという課題
3 関係性をいかに叙述するかという課題
4 空間と時間から見える課題
5 資料を史料化するという課題
      おわりに
  統計資料の使い方と読み方(1)
統計資料の使い方と読み方(2)

第二部 史料と解説
 一 植民地・建国時代
  1 先住民と植民者の出会い
2 植民地の生活と生産
3 アメリカを創る――独立戦争を通して
4 共和国と市民の創生

 二 19世紀前半(南北戦争終結まで)
  5 西部
6 南部――奴隷の生活
7 北東部
8 地域を越えた動き

 三 19世紀後半~第一次世界大戦
  9 消費と流通
10 農村と工場――生活と労働の空間
11 都市
12 「新移民」――その人種・エスニック意識
13 ジェンダーと社会
14 「国民」の境界をめぐって――国民化の「暴力」
15 「帝国」としてのアメリカ
16 自然を作る

 四 1920年代~第二次世界大戦
  17 組織化と労働者意識
18 大量消費とメディア
19 貧困からの脱出をめざして
20 国民の境界の再構築
21 戦争と国民

 五 第二次大戦後のアメリカ(1970年代半ばまで)
  22 「豊かな」社会と貧困
23 公民権運動をめぐる諸相
24 「若者」の政治文化
25 同性愛・人工中絶
26 環境保護
27 ヴェトナム戦争――戦争からの独立宣言
28 メディアと大衆文化

 寄稿者一覧
索引
他の書籍を検索する