『憲法という作為 ~「人」と「市民」の連関と緊張 ~ 』の詳細情報

憲法という作為
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 憲法という作為
サブタイトル 「人」と「市民」の連関と緊張
著者 [著者区分]樋口 陽一 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
4400円 シリーズ
ページ数 304p Cコード 3032
発売予定日 2009-11-26 ジャンル 専門/単行本/法律
ISBN 9784000227766 判型 A5
内容紹介
樋口憲法学・待望の最新論集!
目次
 はじめに――本書の基本構図
第 I 章 個人と「共和国」思考
   第1節 ルネ・カピタン再読
   第2節 「国家からの自由」と「公共としての国家」の間
   第3節 あらためて西欧近代の「普遍性」を考える
第II章 個人=「市民」と公共
   第1節 ルソーとトクヴィル――対照と補完
   第2節 「たたかう民主制」と「脱道徳論的」自由観のはざま
   第3節 憲法論にとっての「競争」とその規制
第III章 個人=「人」の権利
   第1節 Human Rightsとdroit de l’homme の含意――広義の人権と狭義の「人」権
   第2節 人間の尊厳vs人権?――ペリュシュ判決を素材として
   第3節 基本権保障にとっての憲法と民法
第IV章 法および法学と歴史
   第1節 法が歴史を書く?――「記憶の法律」をめぐって
   第2節 法学における歴史的思考の意味――憲法学の場合
第V章 読書ノート
 あとがき
他の書籍を検索する