『個人情報保護はこう変わる ~逆発想の情報セキュリティ ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 個人情報保護はこう変わる
サブタイトル 逆発想の情報セキュリティ
著者 [著者区分]牧野 二郎 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0036
発売予定日 2005-11-29 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784000228596 判型 46
内容紹介
新しい情報セキュリティの解決策を提案
目次
 はじめに

第1章 いまなにが起こっているか―不信の時代へ
 1 止まらない情報漏えい・情報セキュリティ事故
  重大情報が漏れてゆく
  漏えい事故の真の原因と対策
  システムクラッシュの恐怖
 2 なんか変?―個人情報保護狂騒曲
  みんなで祝っちゃだめなのか?
  予備校抜きで大学進学?
  クラスから名簿が消えた?
 3 不信の時代
  「うたがう」ビジネス大流行
  電子メールの閲覧は許されるか?
  監視カメラは許されるか?
  社員をつるし上げろ
  預金者を疑う生体認証システム

第2章 「ブラックボックス」の落とし穴―デザイン法としての個人情報保護法
 1 こうして「ブラックボックス」ができる―コンセンサス法からデザイン法へ
  法律が変だ
  デザイン法の問題点
 2 「ブラックボックス」の増殖と拡大
  行政の中で広がるブラックボックス
  専門化の急進と専門家の影響
  素人には説明してもわからない
 3 ブラックボックスは解消できるか?
  専門家の果たす役割
  インフォームドコンセントの意味
  セカンドオピニオンを提示する
  パブリックコメント制度を再生する
  ブラックボックスを解消するために
 4 組織のなかの「ブラックボックス」
  コンプライアンス(法令遵守)違反は防げるか?
  事件に見る隠蔽の本質

第3章 個人情報保護法を問い直す
 1 情報セキュリティの問題点
  情報社会の脆弱性と可能性
  情報セキュリティの基本とは?
 2 個人情報漏えい事故をどう見るか?
  ブラックボックスの中の個人情報保護法
  個人情報漏えい事故の本当の危険はなにか
  個人情報漏えいの本質は何か
  なぜ事故が止まらないのか
 3 危険性の本質
  事件を検証する
  事故の原因は何か
 4 ルールがあっても事故は続く
  自らの業務改善を進めるルール作り

第4章 情報セキュリティを逆転させる
 1 現場から逆発想する―性悪説から性弱説へ
  人間の本質に根ざしたセキュリティとは
  性悪説から性弱説へ
 2 リスクから逆発想する
  社員監視ではなく,業務の点検へ
 3 個人情報から逆発想する
  個人情報などいらない
  新しいビジネスの動き
 4 自己情報コントロールから逆発想する
  自己情報コントロール権が現実になる時代

 おわりに
他の書籍を検索する