『鮭はダムに殺された ~二風谷ダムとユーラップ川からの警鐘 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 鮭はダムに殺された
サブタイトル 二風谷ダムとユーラップ川からの警鐘
著者 [著者区分]稗田 一俊 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1900円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0036
発売予定日 2005-03-18 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784000230124 判型 46
内容紹介
日本の川から「川の仕組み」が失われてゆく
目次
はじめに
 
第1章 遊楽部川に魅せられて
 
  遊楽部川へ
サケを撮る
遊楽部川が教えてくれるもの―遊楽部ファンクラブ
八雲町での自然保護ネットワークつくり
川を守るために――「NPO地域学習センターゆーらっぷ」の結成
 
 
 
第2章 二風谷ダム決壊
 
  そのとき二風谷ダム決壊サイレンが鳴った
大量の流木と泥流
ダムの放流
自然が大事か,人命財産が大事か
疑問から確信へ
 
 
 
第3章 川が壊れる,山が壊れる
 
  被災前と被災後の川
川幅が広がった―貫気別川
道路と川が入れ替わった!――ポロケシオマップ川
川岸が失われた――チロロ川
川岸が消え,人が消えた―岡春部川
砂防ダムの影響―十勝芽室町の渋山川
貫気別川の落差工と岩尾別川の治山ダム
 
 
 
第4章 自作自演の災害―ダムという仕組み
 
  治山ダムも砂防ダムも同じダム
川底の小石の役割
「ふるい」の役割をするダム
根っこ付流木発生のメカニズム
河岸崩壊と川底の仕組み
ダムが変える川
サケを殺す二風谷ダム
「沙流川二風谷ダム・平取ダム環境影響調査報告書(環境アセス)」の矛盾
自然の川に学ぶ
治水の視点は流域全体を見ることだ
治水対策
「自作自演の災害」が生み出す悪循環―沙流川河岸崩壊調査図
 
 
 
第5章 サケが殺された――生命育む川の仕組み
 
  川底に大量に沈殿した泥――せせらぎ公園
いったいなんなの,これって?――河川管理者が提唱する「水と緑の砂防モデル事業」
水の流れが育てるサケの卵
生命育む川の仕組み
山・川・海をつなぐもの
北太平洋の生命圏――サケの役割
 
 
 

おわりに――遊楽部川の夢
他の書籍を検索する