『最低所得保障』の詳細情報

最低所得保障
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 最低所得保障
サブタイトル
著者 [著者区分]駒村 康平 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1900円 シリーズ
ページ数 240p Cコード 0036
発売予定日 2010-04-23 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784000230315 判型 46
内容紹介
気鋭の研究者たちによる提言の書
目次
序章 なぜ,最低所得保障なのか   駒村康平
 1 はじめに
 2 日本の所得保障制度
 3 最低所得保障制度への視座
 4 最低所得保障の国際比較
 5 本書の課題
 
第1章 最低生活保障実現に向けた生活保護   岩永理恵
 1 複雑化した生活保護
 2 生活保護のしくみと議論の焦点
 3 生活保護の展開
 4 これからの課題
 
第2章 高齢者の最低所得保障――国民年金と生活保護について   四方理人
 1 はじめに
 2 国民年金の給付水準と生活保護制度との整合性
 3 国民年金と生活保護の受給状況――最低所得保障の包括性について
 4 最低保障年金についての考察
 
第3章 母子世帯の最低所得保障   田宮遊子
 1 はじめに
 2 母子世帯を対象とした所得保障制度の概要
 3 制度の変遷
 4 児童扶養手当と遺族基礎年金の包括性
 5 母子世帯の直面する固有のリスクを支えるしくみ
 
第4章 障害のある人に最低所得保障を   百瀬 優
 1 はじめに
 2 障害者に対する所得保障制度
 3 障害年金と,ほかの制度との関連性
 4 障害年金の制度設計
 5 新たな所得保障の構築に向けて
 
第5章 雇用保険制度における包括性――非正規労働者のセーフティネット  金井 郁
 1 はじめに
 2 包括性からみた雇用保険制度
 3 失業時の最低所得保障の観点から
 
第6章 最低賃金と生活保護の整合性の再検討   四方理人,金井 郁
 1 はじめに
 2 最低賃金制度の成立と地域別最低賃金・目安制度の確立
 3 最低賃金と生活保護の比較
 4 最低賃金と生活保護の整合性に関する課題
 5 最低賃金と生活保護のあり方について
 
第7章 課税最低限と社会保障――その役割分担   田中聡一郎
 1 なぜ課税最低限か
 2 復興期・高度成長期――1950年代~70年代
 3 安定成長期――1970年代~80年代
 4 課税最低限をどう考えるか――1990年代~2000年代
 
第8章 最低生活保障の理念を問う――「残余」の視点から   冨江直子
 1 はじめに
 2 「残余」の制度
 3 生活保護への排除
 4 生活保護からの排除
 5 「最低」であることをめぐって
 6 最低生活保障の「包括性」をめぐって
 7 包摂の制度の構想
 
終章 最低所得保障制度の確立   駒村康平
 
補論 生活扶助基準における「世帯規模の経済性」の検討   渡辺久里子
 
 あとがき
 索引
他の書籍を検索する