『認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア「小規模多機能」』の詳細情報

認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア「小規模多機能」
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア「小規模多機能」
サブタイトル
著者 [著者区分]土本 亜理子 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 216p Cコード 0036
発売予定日 2010-08-26 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784000230360 判型 46
内容紹介
「通い」「泊まり」「訪問」を、なじみのスタッフで!
目次
プロローグ
 親介護一年生の戸惑い/「だましたな!」/小規模多機能がない?
第1章 「小規模多機能」のある暮らし
1 七月の日々――「多機能ホームまどか」(埼玉県新座市)
  ある一日/「まどか」のある町/「トイレに二時間近くかかります」,「それはないでしょう!」/宅老所,そしてグループホーム/自分たちが“受けたい介護”を地域につくる
2 小規模多機能型居宅介護とは
  「地域密着型サービス」の一つとして/ねらいは「団塊の世代」の高齢化対策/小規模多機能型居宅介護って,どんなサービス?/なぜ「まどか」を開設したのか
3 小規模多機能ケアを利用する――「通い」を中心に
  若年性認知症の妻を働きながら支えて/ケアプランは「通い」を中心に/楽しい時間を増やしていく
4 小規模多機能ケアを利用する――「訪問」を中心に
  徘徊などあるけれど,できるかぎり自宅で暮らしたい/「訪問」を中心に,SOSへの対応も/小規模多機能のよさは制限の少なさ
5 小規模多機能ケアを利用する――「通い」と「泊まり」と「訪問」を
  どこまで在宅生活を支えられるか/介護度に見合ったサービス提供では支えられない/施設入所をめぐる家族の思い/小規模多機能は家族への支援が半分以上か/スタッフたちの思い――ある晩のミーティングから/「半径二キロ半」という限界/人が支える小規模多機能ケア
第2章 それぞれの「小規模多機能」
1 認知症デイサービスから小規模多機能へ――ななかまど(神奈川県相模原市)
  ショートステイはデイサービスにつくべき/連続している「泊まり」の理由/「ななかまど」の「訪問」について/小規模多機能は「補足給付」が使えない!/矛盾を感じる介護報酬の「定額制」/一瞬見える笑顔をさがしたい
2 地域の力で最期まで安心を――ひつじ雲(神奈川県川崎市)
  介護をもっとおもしろい仕事にしたくて/生活が見えないとサービスは成り立たない/最初のターミナルケア/医療連携があるからこそ/すぐに黒字にはならないけれど
3 震災復興支援のグループハウスに小規模多機能を併設――きらくえん倶楽部大桝町(兵庫県芦屋市)
  ケア付き仮設住宅をはじめて/LSA(ライフサポートアドバイザー)が緊急対応/グループハウスに小規模多機能を併設したら/小規模多機能を小学校区に一つつくりたい/介護保険制度の隙間を埋める,利用者への支援とは
4 「医療依存のある方も受け入れています!」――コミュニティケアこまくさ(千葉県館山市)
  どうして再入院する人が,こんなに多いの?/重度の人たちの行き場がない!/小規模多機能は,なんで認知症対応なの?/空き家だった古民家を借りて/人工呼吸器が使える部屋がほしい
5 さまざまな小規模多機能ホームを訪ねて思ったこと
  もう一つの医療系,「フローラ」の心意気/「家族がちゃんと生活できるサービス」を/交付金を得て,ホーム開設を決心/「療養病床再編」の流れのなかで/経営が安定していれば,どんなに困難なケースも
第3章 「小規模多機能」のあした
1 六つの小規模多機能の事業所の報告から
  小規模多機能の中心的な利用者は/赤字経営の事業者が多い/加算を中心に介護報酬の改定がおこなわれたが……/調査研究でみえた二つの問題/事業者も悩む「小規模多機能とは何か」
2 在宅ケアの青写真――地域包括ケアと小規模多機能
  「小規模多機能は順調に増えます」と厚労省/「地域包括ケア」と小規模多機能
3 「どうして小規模多機能がないのですか?」――東京・稲城市を訪ねて
  「要です」
4 介護大手企業はどう考えているか
  赤字になる構造的な理由について/特養入所待ちの受け皿として/小規模多機能は,どこへ行く?
5 宅老所はなぜ小規模多機能にならなかったのか
  抱え込まず,連携を/お年寄りの現実から出発した制度を/小規模多機能のあしたを考えるために
第4章 「小規模多機能」のある暮らし,ふたたび
  ひと夏を越えて/急な旅立ち/素朴な疑問/いまあらためて見えてきた「まどか」の役割/移ろいゆく日々のなかで/「私たちに任せて!」といえるケアを守りたい
 エピローグ
  二人でダンスを/介護ER/いつでもお連れください,いっしょにみましょう
あとがき
 
 主要参考文献
 本書に出てくる介護関連用語
他の書籍を検索する