『『食道楽』の人 村井弦斎』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 『食道楽』の人 村井弦斎
サブタイトル
著者 [著者区分]黒岩 比佐子 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
4300円 シリーズ
ページ数 458p Cコード 0023
発売予定日 2004-06-25 ジャンル 一般/単行本/伝記
ISBN 9784000233941 判型 46
内容紹介
もう一つの近代の落丁を埋める初めての評伝!
目次
『食道楽』の人について
 
I 儒者の子――父の影の下で
1 生い立ちと時代背景
漢学の家/大逆転
2 東京外国語学校時代
ロシア語を学ぶ/洋学と漢学
3 挫折
脳病/「衛生」と「経済」/渡米
4 報知社入社
渋沢栄一と父清/矢野龍溪との出会い/『経国美談』の文体実験
 
II 「新聞小説家」村井弦斎
1 初期の小説をたどる
父からの“自立宣言”/亡き母への追慕/「郵便報知新聞」第一作/家庭小説を先駆ける/報知の四天王
2 大長篇『日の出島』へ
「都新聞」時代/日清戦争と「報知」/『日の出島』連載開始/ル・サージュ作『ジル・ブラース』/文壇批判としての「文学魔界」論
3 教訓小説としての『食道楽』
禁酒と廃妾の勧め/630種の料理/自費出版/食道楽ブーム/宮武外骨のパロディ
 
III ユートピア
1 多嘉子との結婚
「わが理想に適ひたる妻」/斎藤緑雨との交錯/妻への433通
2 日露戦争と『HANA』
日露戦争勃発/異色の英文小説/戦時下での看護婦たち/海外の書評など/鴎外の『花子』像
3 美食の殿堂――「報知新聞」から「婦人世界」へ
平塚「対岳楼」/婦人雑誌への転身/「成功者」/「ニコニコ」と長面会
 
IV “仙人”への途をゆく
1 断食・木食の研究
脚気論争/35日間の断食/『小松嶋』と木食仙人/山中穴居生活の実践
2 社会奉仕活動と健康食養法
古典芸能へのパトロネージュ/健康法ブーム/命がけの「研究」
3 人類と宇宙の一元論
関東大震災後/奇跡の治療法/息子の自殺/存在した遺稿
 
現代に生きる村井弦斎
  「20世紀の予言」/「食育」の思想/ジャーナリスト村井弦斎
 

調査・取材協力(個人・団体)
主要参考文献
村井弦斎年譜
あとがき
人名索引
他の書籍を検索する