『自立クライシス ~保健室からの思春期レポート ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 自立クライシス
サブタイトル 保健室からの思春期レポート
著者 [著者区分]金子 由美子 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1700円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0037
発売予定日 2007-03-27 ジャンル 一般/単行本/教育
ISBN 9784000234368 判型 46
内容紹介
目次
はじめに



第1章 保健室の情景
 


 (1) 思春期の蹉跌
  羽化できないさなぎ/自立を阻む母親/15歳の春,涙の理由/高校なんて楽しくない/経済格差のひずみ/「つくり話」/増え続ける不登校/ゆっくり生きる/家庭内暴力の真相/あのころは地獄/少女たちのモデル探し/夢はダンサー
  (2) 思春期モラトリアム
    「気になる子ども」はどこに?/長引く思春期/早くおとなに/親友―危ない友情/男らしさの幻想/「アキバ系」「腐女子」



第2章 自立の大地が揺らぐ
 


 (1) 食卓のない家庭
  衣・食・住の崩壊/掃除だっておもしろい/手当てができない親/親は捨てられない/いなくなった父親/猫,拾ったことある?/風俗街を通り抜け/境遇を受け入れる
  (2) 悩める学校
    保健室の新たな役割/学級崩壊と教員のバーンアウト/部活指導の悩み/部活って,やめちゃいけないの?/学校指導のカラ回り/遅刻模様さまざま/家庭との連携
  (3) 社会の教育力不足
    おとなしい男の子/子どもへの虐待/ネットの弊害/「子どもが分からない」/ターゲットにされる子どもたち



第3章 脅かされる性と生
 


 (1) おとなと子どもの境界線はどこに?
  渋谷へ向かう少女たち/「少女イメージ」の呪縛/「どこでもドア」から侵入する男/性犯罪の被害者に/スクール・セクハラ/自傷行為が知らせるもの/酒の力を借りて/忍び寄る薬物
  (2) 性教育のネグレクト
    性の学習権/子どもを守るための法整備/「おとなは教えてくれない」/メディア・リテラシー教育/2次性徴の早期化/性感染症・エイズの広がり/10代の妊娠/恋愛を語れるおとなに



第4章 子どもたちとの創造
 


 (1) 子どもの力
  僕の家も,いろいろあるさ/憂鬱な夏休み/男と女の友情/体育祭って最高!
  (2) 子どもたちから学ぶ
    会話のレッスン/難病をカミングアウトする/生き方の模索
  (3) 子どもたちとの創造
    仲間に伝える「ピア・エデュケーション」/自己肯定感を高める/保健室は拠り所/ヤンママたちの素顔



第5章 すべての子を主人公に
 


 (1) 子どもと創る保健室
  受容する/エネルギーの充電/子どものことを詮索しない/できなくて当たり前/最後は自分の力で
  (2) 素敵なロールモデルに
    親に向き合い,親に寄り添う/育てることは待つこと/子どもたちのサポーター/思春期のステージ


 あとがき
他の書籍を検索する