『肖像のエニグマ ~新たなイメージ論に向けて ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 肖像のエニグマ
サブタイトル 新たなイメージ論に向けて
著者 [著者区分]岡田 温司 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
3700円 シリーズ
ページ数 352p Cコード 0071
発売予定日 2008-06-27 ジャンル 一般/単行本/絵画・彫刻
ISBN 9784000234498 判型 46
内容紹介
作者・モデル・鑑賞者が織りなす謎とは?
目次
プロローグ イメージの中へ――宮川淳再訪
 
■第Ⅰ部 肖像という魔術
第1章 眼差しと微笑み――レオナルドの肖像画の秘密
第2章 静物の肖像――モランディの壜たち
 
■第Ⅱ部 イメージは誰のものか
第3章 「だが君,それをどう我々の意味にあてはめるつもりかね」――ヴァザーリのヴェッキオ宮神話画装飾と『議論集』
第4章 ジョルジョ・ヴァザーリと表象の「病」――「奇矯」なるものの系譜学のために
第5章 マニエリスム論再考――解釈された「マニエラ」
第6章 芸術の自己免疫化を超えて
 
■第Ⅲ部 肖像のエニグマ
第7章 肖像の脱構築――ジャン=リュック・ナンシー『肖像の眼差し』の余白に
第8章 肖像のパラドクス
 
エピローグ  現代の反ヴァザーリ主義/「ヴァザーリ」を裏切るヴァザーリ
他の書籍を検索する