『祖国より一人の友を』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 祖国より一人の友を
サブタイトル
著者 [著者区分]海老坂 武 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 360p Cコード 0095
発売予定日 2007-09-07 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784000237161 判型 46
内容紹介
幅広い交友,市民運動,映画,文学,恋愛…
目次
この巻からの読者へ
 
I フランス再会
  1 パリ・ボナパルト街
  2 フランスの変貌
  3 フーコーと「リベラシオン」
  4 朝吹登水子とサルトル
  5 ポール・ニザンをめぐって
  6 引越しパーティー
  7 スペインへの旅―永川玲二のこと
  8 新しいイタリア映画その他
  9 パリ・日高邸夢見る種族


II 耐えよ耐えよ蒼空の中で耐えよ
  1 東京・高田馬場
  2 1975年夏
  3 友人たち
  4 西欧体験考
  5 東洋語学校の日々
  6 森有正とその周辺
  7 小さい目のお友達


III 漂い感覚
  1 仕事人間―翻訳から小説まで
  2 映画『サルトル自身を語る』の上映
  3 料理からの呼び声
  4 父の死
  5 70年代後半の若い文学
  6 天安門事件からインドシナ動乱まで
  7 漂〈私〉の時代


IV 分別盛り
  1 サルトルの死
  2 練馬区関町南四丁目
  3 三鷹,吉祥寺界隈
  4 映画ノートから(一九八二―八三)
  5 フランツ・ファノンへの旅


V 〈奉私奉公〉の時代に
  1 愛国節の復活
  2 〈共生〉に向けて
  3 アジア・アフリカ作家会議
  4 フォーラム・人類の希望
  5 日仏女性資料センター


VI 『シングル・ライフ』の前後
  1 インクブスたち
  2 『シングル・ライフ』の反響
  3 新しい天体
  4 ベビーシッター見習い
  5 岩波ホールの時代
  6 80年代の文学風景
  7 旅の足跡


VII 一九八九年
  1 天皇の死
  2 ポストモダンと近代の超克
  3 天安門広場からベルリンの壁へ
  4 フランス革命二百年
  5 セイレーンの声
 
あとがき―杖を失った時代
他の書籍を検索する