『脱「風景写真」宣言 ~二〇一〇年の花鳥風月 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 脱「風景写真」宣言
サブタイトル 二〇一〇年の花鳥風月
著者 [著者区分]宮嶋 康彦 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0095
発売予定日 2006-03-28 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784000237680 判型 46
内容紹介
目次
自然写真を撮るということ
 
1 自然写真 心の技を磨く
2 写真に開眼した日
3 自然はどこに在るのか
4 自然写真の立場
5 写真廃液を東京湾に捨てる
6 形式の美学
7 前田真三パラダイム
8 ピクトリアリズム
9 写真表現の揺籃期
10 山海のコンポラ写真
11 「私」写真
12 デジタル・ピクトリアリズム
13 自然写真への目覚め



自然写真をどう撮るか
 
1 山神
2 一本の木
3 桜樹のまがひ
4 光フェチシズム
5 水のたくらみを写真にするということ
6 センチメントな石
7 夜という自然現象
8 月の引力
9 大雪山撮影行
10 花は枯れて咲き
11 風に吹かれてテーマに当たる
12 海にまつわる写真
13 白黒ふぉとの想像力
14 雪国へ 物語を編むように
15 新鳥獣戯画 動物園動物や帰化植物について
16 自然の「今」を撮る
17 都市から
18 人という自然


写真のしあわせ あとがき
他の書籍を検索する