『多国籍企業とアメリカ租税政策』の詳細情報

多国籍企業とアメリカ租税政策
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 多国籍企業とアメリカ租税政策
サブタイトル
著者 [著者区分]中村 雅秀 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
9500円 シリーズ
ページ数 408p Cコード 3033
発売予定日 2010-03-25 ジャンル 専門/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784000237857 判型 A5
内容紹介
多国籍企業研究に従来にない新視座を提示
目次
まえがき
序章 多国籍企業と国際税制
 
第1章 国際所得・税務統計から見たアメリカ多国籍企業
 第1節
 第2節
 第3節 国際所得統計と外国税額控除
アメリカ企業の国際活動と所得,外国税額控除
アメリカ多国籍企業CFC(支配外国法人)の動向
第2章 国際的ハーモナイゼーションと移転価格税制の課題
  第1節
 第2節
 第3節 1993年アクションプログラムと「国際税制の大展開時代」
OECD『移転価格ガイドライン』とアメリカ移転価格行政
APA(事前確認制度),ペナルティ規則とアーニング・ストリッピング
第3章 サービス貿易の拡大と移転価格税制
  第1節
 第2節
 第3節
 第4節 サービス貿易の拡大とその意義
アメリカ・サービス貿易の実態とその特徴
 移転価格租税判例に見るサービスの国際取引
サービス移転価格税制と規則案,最終規則
第4章 在米外国企業課税問題と日系自動車企業
  第1節
 第2節
 第3節 対米直接投資と在米外国企業(FCDC)の動向
FCDCの所得・経費構造と納税行動
 在米日系自動車企業の動向と特徴
第5章 合衆国輸出促進税制とFSC(外国貿易法人)・ETI(域外所得)免税制度
  第1節
 第2節
 第3節 アメリカの国際収支問題と国際税制
 輸出促進税制とFSC,ETI
 WTO補助金裁定とETI(域外所得)免税制度
第6章 企業内国際技術取引とR&D税制,コスト・シェアリング契約
  第1節
 第2節
 第3節 アメリカ多国籍企業の企業内技術取引
アメリカ産業構造の変化と国際競争力,R&D税制
 研究・開発活動とコスト・シェアリング契約
第7章 電子商取引課税と米欧摩擦,アメリカ売上税収ロス
  第1節
 第2節
 第3節 電子商取引の進展とその実態
 電子商取引課税をめぐる議論とその焦点
アメリカ小売売上税問題の国際的意義
第8章 属領法人優遇税制と薬品産業
  第1節
 第2節
 第3節 アメリカ多国籍企業と属領法人
 属領法人の実態と優遇税制の内実
 無体資産の移転とG.D.サール社ケース
終章 相克の税制――タックス・ヘイヴンと「無国籍企業」
  第1節
 第2節
 第3節 OECD『有害なる税の競争』報告書とその後
アメリカ企業のタックス・ヘイヴン利用
 英領ケイマン諸島とファンド・マネー
 
 あとがき
 参考文献
 索 引
他の書籍を検索する