『楽し句も、苦し句もあり、五・七・五 ~五百回、四十二年 ~ 』の詳細情報

楽し句も、苦し句もあり、五・七・五
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 楽し句も、苦し句もあり、五・七・五
サブタイトル 五百回、四十二年
著者 [著者区分]東京やなぎ句会 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 0095
発売予定日 2011-07-15 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784000237949 判型 46
内容紹介
目次
■ 目次

 

口上

東京やなぎ句会 宗匠

 
入船亭扇橋


第一章 〈座談会〉五百回・四十二年を振り返る

特別寄稿 祝・東京やなぎ句会五百回


粋で頑固なひとびと

下重暁子


東京やなぎ句会の想い出

瀬戸内寂聴


東京やなぎ句会・五百回に寄せて

長峰由紀


選り抜きのイイ男たち

冨士眞奈美


何とも言えないアカデミックな句会

増田明美


十七日

吉行和子



第二章 自選 折々の句 三十


入船亭扇橋(光石)

 


永 六輔(六丁目)

 


大西信行(獏十)

 


小沢昭一(変哲)

 


桂 米朝(八十八)

 


加藤 武(阿吽)

 


柳家小三治(土茶)

 


矢野誠一(徳三郎)

 



第三章 苦し紛れの句・愉快な句


ひねらず,素直に,活写するように

入船亭扇橋


自句自讃

永 六輔


私家版愉快ものがたり

大西信行


自選 苦し紛れの句

小沢昭一


八十八

桂 米朝


苦し紛れの句

加藤 武


悟りの境地の宗旨変え

柳家小三治


人真似小真似

矢野誠一



第四章 五百回記念句会


五百回記念句会

 


特別収録 501回句会

 


句会記録(第481回~第503回)

 




あとがき

山下かおる
他の書籍を検索する