『朝鮮半島の平和と統一 ~分断体制の解体期にあたって ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 朝鮮半島の平和と統一
サブタイトル 分断体制の解体期にあたって
著者 [著者区分]■白 楽晴 [著・文・その他]
■青柳 純一 [翻訳]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2300円 シリーズ
ページ数 300p Cコード 0098
発売予定日 2008-05-15 ジャンル 一般/単行本/外国文学、その他
ISBN 9784000238519 判型 46
内容紹介
困難は大きい.しかし我々には出来る!
目次
白楽晴の朝鮮半島統一論に寄せて(坂本義和)
 日本語版への序文(白楽晴)
 
第 I 部
 第一章 私たちはいま,分断体制の解体期を生きている
                    (インタビュー,聞き手 高崎宗司,李順愛)
 第二章 分断体制の解体と変革的中道主義
 第三章 2007年南北首脳会談後の市民参加型統一
 
第II部
 第四章 6.15時代の朝鮮半島と東北アジアの平和
 第五章 6.15時代の大韓民国
 第六章 分断体制の歴史と盧武鉉政権
 第七章 朴正熙時代をどう考えるか
 
第III部
 第八章 知恵の時代のために・再論
 第九章 統一作業と改革作業
 第十章 朝鮮半島の2002年
 
第IV部
 第十一章 朝鮮半島に”一流社会”を作るために
 第十二章 東北アジアと朝鮮半島の平和体制は可能か
 第十三章 21世紀韓国と朝鮮半島の発展戦略のために
 
 訳者あとがき(青柳純一)
他の書籍を検索する