『地球温暖化問題は解決できるか ~実現可能な方向を求めて ~ 』の詳細情報

地球温暖化問題は解決できるか
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 地球温暖化問題は解決できるか
サブタイトル 実現可能な方向を求めて
著者 [著者区分]石見 徹 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2600円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0033
発売予定日 2009-11-26 ジャンル 一般/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784000238588 判型 B6
内容紹介
新しい社会・経済システム構築への模索
目次
はしがき
 
第1章 地球温暖化問題はなぜ登場したか
 
  温暖化問題の浮上
  CO2と気温上昇
  政治・社会的背景
  新自由主義と「ねじれ現象」
 
第2章 経済発展とエネルギー消費
  なぜエネルギーか
  エネルギー源の推移
  これからどうなるか
  需要側の変化
  発展途上国の所得向上
  格差が縮小するとどうなるか
  BRICsのエネルギー事情
  資源大国 ロシアとブラジル
  消費大国 中国とインド
  BRICsの経済発展は続くか
  エネルギーと食糧問題
 
第3章 排出削減の可能性
  「切り離し」とは?
  エネルギー効率
  排出係数を下げる技術
  低炭素社会と価格,政府の役割
  排出削減の目標は現実的であるか
  割引率の考え方
 
第4章 排出削減の政策手段
  政策の背後にある要因
  炭素税(環境税)
  排出量取引
  政府の介入は不可避である
  「一物一価の法則」
  西欧はモデルになりうるか
 
第5章 国際的対策はなぜ難しいか
  排出量取引 CDM,JI
  世界共通炭素税
  「公正」な炭素税
  相殺関税
  日本のセクター別アプローチ
  資源国側の反応
  どこに難しさの原因があるか
  「共通ではあるが,差異ある責任」
 
第6章 低炭素社会は実現できるか
  経済成長と大量生産・大量消費
  再び基本公式に立ちかえると
  定常状態
  なぜ経済成長を求めるか
  資本主義と持続可能性
  時間軸に沿って考えると
  人口動態の変化
  世界福祉税
  「共感」の範囲
 
 結 語
 参考文献
 あとがき
 索 引
他の書籍を検索する