『キッシンジャー回想録 中国 下』の詳細情報

キッシンジャー回想録 中国 下
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル キッシンジャー回想録 中国 下
サブタイトル
著者 [著者区分]■ヘンリー・A・キッシンジャー [著・文・その他]
■塚越 敏彦 [著・文・その他]
■松下 文男 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 328p Cコード 0031
発売予定日 2012-03-28 ジャンル 一般/単行本/政治-含む国防軍事
ISBN 9784000238755 判型 46
内容紹介
目次
第10章 擬似同盟関係――毛沢東との会話
「横線」――ソ連封じ込めに対する中国の対応/ウォーターゲート事件の衝撃

第11章 毛沢東時代の終焉
後継問題の危機/周恩来の失墜/毛との最後の会談――ツバメと嵐の来襲

第12章 不死身の鄧小平
鄧小平の最初の復権/指導者たちの死――華国鋒/鄧小平の昇進――「改革開放」

第13章 「虎の尾を踏む」――第三次ベトナム戦争
ベトナム――超大国とのせめぎ合い/鄧小平の外交政策――米国との対話,そして正常化/鄧小平の歴訪/鄧小平の訪米と同盟の新たな定義/第三次ベトナム戦争

第14章 レーガンの登場と正常な関係の到来
台湾への武器売却と第三のコミュニケ/中国と超大国――新たな均衡/鄧小平の改革プログラム

第15章 天安門
米国のジレンマ/方励之をめぐる論争/一二文字と二四文字の遺訓

第16章 どのような改革か――鄧小平の南方視察

第17章 新たな和解へのジェットコースター――江沢民時代
ソ連の崩壊と中国/クリントン政権と中国政策/三回目の台湾海峡危機/中国の興隆と江沢民の考え

第18章 新世紀
見方の相違/戦略的なチャンスをどう定めるか/国家の前途に関する議論――勝利至上主義者の視点/戴秉国――平和的発展の再確認

終 章 歴史は繰り返すか――クロウの覚書
太平洋共同体に向けて

 解説 米中関係を構築し続ける男――「密使」から「守護者」への軌跡 松尾文夫
 訳者あとがき 塚越敏彦
 原 注
 索 引
他の書籍を検索する