『読書雑志 ~中国の史書と宗教をめぐる十二章 ~ 』の詳細情報

読書雑志
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 読書雑志
サブタイトル 中国の史書と宗教をめぐる十二章
著者 [著者区分]吉川 忠夫 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0090
発売予定日 2010-01-27 ジャンル 一般/単行本/文学総記
ISBN 9784000241496 判型 46
内容紹介
切れ味鋭い読書が誘う、中国古典の世界
目次
第一章 史書の伝統――『史記』から『帝王世紀』まで

第二章 『史記』の十表と八書

第三章 顔師古――班固の忠臣

第四章 范曄と『後漢書』

第五章 陳寿と周

第六章 裴松之のこと

第七章 記憶につながる書物
 『南史』と『北史』の儒林伝
 印可
 国は滅ぶべきも史は没すべからず
 『周一良自伝』
 三上
 「補亡詩」
 陸修静の物語
 桃興の「通三世論」
 尼女と疑経
 尾籠な話
 『宋高僧伝』を読む
 道安法師と『素女経』

第八章 王羲之と許邁――または王羲之と『真誥』

第九章 道教の大百科全書――『雲笈七籤』

第十章 償債と謫仙

第十一章 仏教という異文化――『弘明集 広弘明集』

第十二章 読書箚記三題

 あとがき
 初出一覧
他の書籍を検索する