『変貌するギリシア哲学』の詳細情報

変貌するギリシア哲学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 変貌するギリシア哲学
サブタイトル
著者 [著者区分]■内山 勝利 [著・文・その他]
■内山 勝利 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 280p Cコード 0010
発売予定日 2022-01-21 ジャンル 一般/単行本/哲学
ISBN 9784000247276 判型 46
内容紹介
古典はそれに向きあう者と無関係に存在するのではない。古典理解のあり方を示して通説的なギリシア哲学史の相対化と書換えとを促し、哲学の初発=人間と世界を一体として把握しようとする初期哲学者たちの言語的営みの魅力をテクストにそくして語る。俯瞰的な視点が生きる諸論考に文化の横断を楽しむ小文を配した論集。
目次
Ⅰ ギリシア哲学への新視座
 創造的発見の場としての古典
 古典の挑発力――「西洋古典学」から「ギリシア・ローマ学」へ
 英知と学知のあいだ――古代ギリシア哲学が求めたもの
 変貌する哲学史――ギリシア哲学世界から見えてくるもの


Ⅱ ソクラテスの余波
 プラトン的対話について――若干の補遺と再確認
 哲学の始点における断片的対話
 ギリシア・コスモポリタン列伝――「世界市民」の可能性を考えるために


Ⅲ 言葉と宇宙
 宇宙誌の文体――初期ギリシア哲学における言語と世界
 人の語りとしてのロゴス――ヘラクレイトスにおける言語と世界
 解体する自然のさ中なる生――エンペドクレスの「新断片」発見によせて


Ⅳ ギリシア哲学の周辺
 西洋古典世界の植物相、あるいはJ・E・レイヴンのこと
 失われたテクストを求めて――V・ローゼのことなど
 古代著作の再発見――中世写本から古代パピルスへ
 連作短歌調『イリアス』――ホメロス定型訳の試み
 乱舞する言葉の群
 寺田寅彦とルクレティウス
 『経国美談』の古代ギリシア世界
 ガレノス覚書
 「賢者」プルタルコス


あとがき

初出一覧
固有名索引
他の書籍を検索する