『維摩経 ~梵漢和対照・現代語訳 ~ 』の詳細情報

維摩経
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 維摩経
サブタイトル 梵漢和対照・現代語訳
著者 [著者区分]■植木 雅俊 [翻訳]
■植木 雅俊 [翻訳]
■植木 雅俊 [翻訳]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
6000円 シリーズ
ページ数 680p Cコード 0015
発売予定日 2011-08-19 ジャンル 一般/単行本/仏教
ISBN 9784000254137 判型 A5
内容紹介
現代によみがえる幻のサンスクリット原典
目次
はしがき
凡例

第1章:仏国土の完全な浄化という序(仏国品第一)

第2章:考えも及ばない巧みなる方便(方便品第二)

第3章:声聞と菩薩に見舞い派遣を問う(弟子品第三)
    声聞と菩薩に見舞い派遣を問う=続き(菩薩品第四)

第4章:病気の慰問(文殊師利問疾品第五)

第5章:“考えも及ばない”という解脱の顕現(不思議品第六)

第6章:天女(観衆生品第七)

第7章:如来の家系(仏道品第八)

第8章:不二の法門に入ること(入不二法門品第九)

第9章:化作された[菩薩による]食べ物の請来(香積仏品第十)

第10章:「尽きることと尽きないこと」という名前の法の施し(菩薩行品第十一)

第11章:“極めて楽しいところ”(妙喜)という世界の請来と“不動であるもの”(阿閦)という如来との会見(見阿閦仏品第十二)

第12章:結論と付嘱(法供養品第十三)
 
結論と付嘱=続き(嘱累品第十四)
 
解説 大乗仏教の興起と『維摩経』の思想
 §サンスクリット原典の発見と諸翻訳間の異同
 §戯曲『維摩経』のあらすじ
 §インド仏教史の概略
 §大乗仏教における在家の復権
 §出家,十大弟子,弥勒,女性差別への批判
 §積極的な利他行の原動力としての「空」
 §言葉の否定と肯定
 §仏教の平和・経済・政治思想
 §おわりに

あとがき

和漢語索引
印欧語索引
他の書籍を検索する