『律令体制史研究』の詳細情報

律令体制史研究
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 律令体制史研究
サブタイトル
著者 [著者区分]■吉川 真司 [著・文・その他]
■吉川 真司 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
11000円 シリーズ
ページ数 530p Cコード 3021
発売予定日 2022-01-21 ジャンル 専門/単行本/日本歴史
ISBN 9784000255844 判型 A5
内容紹介
日本古代の列島社会は、その最終段階において、中央集権的な律令体制の時代を経験した。列島内外の政治過程や社会実態との関わりを具体的に明らかにし、新しい遺跡・遺物を十分に活用することにより、これまでの法制史的な「律令制」研究の限界を突破し、律令体制の歴史と構造を全体的・動態的に明らかにすることをめざす。
目次



第Ⅰ部 律令体制の諸段階

第一章 律令体制の形成
 一 二つの否定論
 二 公民制の形成
 三 官僚制の形成
 四 律令体制への道程

第二章 律令体制の展開と列島社会
 序
 一 律令体制の確立──第Ⅰ期・六四五~七三八
 二 古代日本国の最盛期──第Ⅱ期・七三八~八四二
 三 律令体制の解体──第Ⅲ期・八四二~九六七
 結 語

補論1 馬からみた長岡京時代
補論2 仁明朝という時代
補論3 摂関政治と国風文化


第Ⅱ部 古代宮都と王権・官僚制

第一章 王宮と官人社会
 序
 一 王宮と政務
 二 朝堂と律令官人制
 三 曹司と律令官司制
 四 内裏と宮廷社会
 結 語

第二章 律令官司制論
 序
 一 律令官司制の基本構造
 二 律令官司制の特殊相
 三 ツカサと「官」
 結 語

第三章 難波長柄豊碕宮の歴史的位置
 序
 一 〈小郡宮=子代離宮〉の造営
 二 〈豊碕宮=味経宮〉の造営
 三 小郡宮から豊碕宮へ
 結 語

第四章 七世紀宮都史研究の課題──林部均『古代宮都形成過程の研究』をめぐって
 序
 一 林部著書の内容
 二 林部著書の意義
 三 論点の検討
 四 結語にかえて──文献と土器

第五章 長岡宮時代の朝廷儀礼──宝幢遺構からの考察
 序
 一 長岡宮宝幢遺構の発見
 二 新たな問題提起
 三 文献史料に見える宝幢(1)──制度史料
 四 文献史料に見える宝幢(2)──文安御即位調度図
 五 宝幢遺構の再検討
 六 長岡宮時代の朝廷儀礼
 結 語

第六章 大極殿儀式と時期区分論
 序
 一 朝儀宝幢再論
 二 仏堂としての大極殿
 結 語

第七章 後佐保山陵
 序
 一 聖武陵説とその影響
 二 聖武陵説の否定
 三 光仁陵説の提唱 附、光仁天皇の諡号について
 四 桓武天皇の権力集中
 五 長岡遷都の起点
 結 語


第Ⅲ部 生産・流通・租税と古代社会

第一章 税の貢進
 一 調庸貢進と文字
 二 貢進題記類の機能
 三 貢進題記類の沿革

第二章 常布と調庸制
 序
 一 日本律令と常布
 二 常布の消滅
 三 常布の創出
 結 語

第三章 古代但馬の繊維生産と流通
 序
 一 但馬の絹
 二 但馬の綿
 三 但馬の布
 結 語

第四章 国際交易と古代日本
 序
 一 金と国際交易
 二 綿と国際交易
 三 産金のインパクト
 結 語

第五章 院宮王臣家
 序
 一 院宮王臣家と「国制改革」
 二 院宮王臣家と「初期荘園」
 三 勅旨田
 結 語

第六章 九世紀の調庸制──課丁数の変化と偏差
 序
 一 貞観九年五月八日太政官符(その一)
 二 貞観九年五月八日太政官符(その二)
 三 近江国・丹波国の課丁数
 四 遠国の課丁数
 五 瀬戸内海諸国の課丁数
 六 意見十二箇条と奝然資料の全国課丁数
 結語──課丁数から見た九世紀の調庸制

第七章 九世紀の国郡支配と但馬国木簡
 序
 一 「諸郷徴部」──郡雑任の編成
 二 「井」納帳──雑徭による物品調達
 三 「禁制」札──立札と抜札
 結 語


初出一覧

索 引
他の書籍を検索する