『環境経済・政策研究 第2巻 第1号』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 環境経済・政策研究 第2巻 第1号
サブタイトル
著者 [著者区分]環境経済・政策学会 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 112p Cコード 3333
発売予定日 2009-01-29 ジャンル 専門/全書・双書/経済・財政・統計
ISBN 9784000257817 判型 B5
内容紹介
環境経済・政策研究の最新成果と課題を示す
目次
明日香壽川
日本政府によるカーボン・クレジット活用策の比較評価および発展経路――国内排出量取引制度と京都メカニズム・クレジット取得事業を中心に
 
岡 敏弘・畔上泰尚・山口光恒
排出権取引における初期配分が効率性に与える影響――EU排出権取引制度(EUETS)の現実から考える
 
藤田敏之
越境汚染に関するマッチング協定の有効性
 
山本雅資
一般廃棄物の収集運搬費用の経済分析
 
錦 真理
国際レベルにおけるCDMルール設定と持続可能な発展――パートナーシップ論による分析
 
渡辺 聡
エネルギー節約的技術開発における誘発技術革新の可能性――日本での実証的研究
 
英文要旨
環境経済・政策学会2008年大会プログラム
他の書籍を検索する