『環境経済・政策研究 第3巻 第2号』の詳細情報

環境経済・政策研究 第3巻 第2号
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 環境経済・政策研究 第3巻 第2号
サブタイトル
著者 [著者区分]環境経済・政策学会 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 96p Cコード 3333
発売予定日 2010-08-26 ジャンル 専門/全書・双書/経済・財政・統計
ISBN 9784000257879 判型 B5
内容紹介
目次
宮永健太郎
環境ガバナンス組織の構築・運用と地方自治体への影響
  ──水源環境保全・再生かながわ県民会議の事例から
 
持田 亮・狩野秀之・前田幸嗣
森林保全の経済的誘因政策に関する空間均衡分析
 
林 公則
横田基地騒音公害被害の社会的費用
 
鶴見哲也・馬奈木俊介・日引 聡
国際貿易とエネルギー利用
 
澤田英司
ピア・プレッシャー環境下の環境被害課税メカニズム
 
【書評】
下村恭民
森晶寿『環境援助論──持続可能な発展目標実現の論理・戦略・評価』
 
立花 敏
島本美保子『森林の持続可能性と国際貿易』
 
英文要旨
他の書籍を検索する