『デモクラシイの音色 ~黒船から終戦まで ~ 』の詳細情報

デモクラシイの音色
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル デモクラシイの音色
サブタイトル 黒船から終戦まで
著者 [著者区分]■細川 周平 [著・文・その他]
■細川 周平 [著・文・その他]
■細川 周平 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル 近代日本の音楽百年 黒船から終戦まで
本体価格
(予定)
13000円 シリーズ
ページ数 314p Cコード 3373
発売予定日 2020-10-26 ジャンル 専門/全書・双書/音楽・舞踊
ISBN 9784000272278 判型 A5
内容紹介
日露戦争後から関東大震災までのおよそ二〇年間、広く人びとの生活に洋楽文化の諸要素が進出していく様相を叙述する。流行歌の曲調が欧化し、西洋の音楽家たちも数多く来日して、若者たちが洋楽器を手にしつつ、芸術音楽を語る時代であった。併せて、童謡運動の勃興、家庭音楽の提唱、浅草オペラの誕生などが描かれる。
目次
凡 例

序 章 デモクラシイの音色


第一部 歌の革新

第一章 「カチューシャの唄」
 はじめに
 第一節 歌う女優の誕生
 第二節 唱歌調からの小さな一歩
 第三節 新しいメディア
 おわりに──「故」のついた録音盤

第二章 童 謡
 はじめに
 第一節 『赤い鳥』の巣箱
 第二節 少女の舞台
 第三節 童謡の媒体
 第四節 レコード童謡
 おわりに


第二部 大人のオペラ、子どもの歌劇

第一章 お伽歌劇
 はじめに
 第一節 日露戦争後の勃興
 第二節 お伽歌劇の波紋
 第三節 レコード歌劇
 第四節 茶目子登場
 おわりに

第二章 浅草オペラ
 はじめに
 序幕 オペラをめぐる三点測量──浅草・日比谷・上野
 第一幕 浅草仕立てのヴァラエティ
 第二幕 日本語で歌う
 第三幕 見世物小屋にて
 第四幕 少女歌劇との隣接
 第五幕 アメリカニズム──レビューへの序幕
 おわりに


第三部 女子のいる場所

第一章 家庭音楽
 はじめに
 第一節 議論される家庭と音楽
 第二節 家庭演奏の実際
 第三節 伝統の洗練
 第四節 商品化──戦前昭和
 おわりに──「うち」の家庭音楽

第二章 工場音楽
 はじめに
 第一節 「通俗音楽」
 第二節 歌う/歌わされる女工
 第三節 小林愛雄と弘田龍太郎
 おわりに


第四部 始まりとしての関東大震災

第一章 関東大震災
 はじめに
 第一節 揺れる大地
 第二節 復興期の歌謡
 第三節 この世の定め
 第四節 復興と復古
 おわりに

第二章 「船頭小唄」
 はじめに──震災の予兆
 第一節 卑弱哀傷の発明
 第二節 野口雨情の詩学
 おわりに──佐藤千夜子の不幸

第三章 鳥取春陽
 はじめに──過渡期を吞み込む音楽家
 第一節 「籠の鳥」の卵から繁殖まで
 第二節 ストリートからスタジオへ
 第三節 ジャズ歌謡の発端
 おわりに



第二巻 参考文献
第二巻 図・表一覧
索 引
他の書籍を検索する