『会計と犯罪 ~郵便不正から日産ゴーン事件まで ~ 』の詳細情報

会計と犯罪
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 会計と犯罪
サブタイトル 郵便不正から日産ゴーン事件まで
著者 [著者区分]■細野 祐二 [著・文・その他]
■細野 祐二 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 302p Cコード 0036
発売予定日 2019-05-30 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784000613415 判型 46
内容紹介
粉飾決算事件における共謀容疑で、一貫して無実を主張し闘ったが有罪確定した著者。同じ頃、郵便不正事件で厚労省の村木厚子元局長が無罪となった。村木氏と自分の判決の差は何か──。著者は、郵便不正事件の研究から未踏の「犯罪会計学」を切り開き、日産ゴーン事件をも鋭く抉っていく。その核心は経済事件における特捜検察の冤罪構造にあった。
目次
 はしがき

Ⅰ 「あの日」からの私

 第1章 執行猶予の日々
  1 特官の税務調査
  2 銀座の高額納税者
  3 犯罪会計学研究
  4 ロンドン入管勾留

 第2章 ジオス倒産
  1 ジオスの英会話教室
  2 民事再生CFO
  3 九段日本語学院
  4 九段日本文化研究所
  5 代表取締役の解任

 第3章 自動車販売
  1 所有と経営の分離
  2 製造原価の削減
  3 明るく元気に
  4 クレーム対応
  5 小さな合意
  6 妖しいクラブ
  7 振り向けば郵便不正

Ⅱ 郵便不正事件という転換点

 第4章 郵便不正事件
  1 心身障害者用低料第三種郵便
  2 誰も経済的損害を受けていない
  3 罰金刑での逮捕
  4 郵便事業会社職員の犯意
  5 事件を大きくしたい

 第5章 虚偽公文書事件
  1 国会議員の口利き
  2 アリバイが出た
  3 順次共謀の連鎖の輪
  4 塩田部長の弱み
  5 河野代表発起人の登場
  6 倉沢会長の嘘

 第6章 無罪判決
  1 公的証明書の作成日付
  2 関係者の逆転証言
  3 村木課長の無罪判決
  4 特信状況
  5 関係者の自白調書
  6 村木課長の運
  7 上村係長の動機
  8 事件の結末

 第7章 大阪地検特捜部
  1 マスコミに殺された
  2 大坪特捜部長の弁明
  3 虚偽過誤説明の出来栄え
  4 前田主任検事の告白
  5 佐賀副部長の錯乱
  6 白井検事のアリバイ

 第8章 証拠改竄事件
  1 真実は一つだ
  2 ミステイクということで行く
  3 普通の人と思ってはいけない
  4 大坪特捜部長の有罪
  5 変わりゆく世論
  6 小林検事正の二律背反
  7 逮捕と行政処分の境目
  8 小林検事正の悪夢

 第9章 特捜検察の終焉
  1 塚部検事の涙の告発
  2 特捜検察の捜査思想
  3 どんな人でも有罪にできる
  4 特別公務員職権濫用罪
  5 ハインリッヒの法則
  6 捜査権と起訴権の併有

Ⅲ 犯罪会計学で何が分かるか

 第10章 犯罪会計学の成立
  1 有罪・無罪の分水嶺
  2 日債銀最高裁判決
  3 甲号証の同意
  4 故意の反証
  5 経済事件に再審なし
  6 辛い時はここで泣け
  7 フロードシューター

 第11章 日産自動車カルロス・ゴーン事件
  1 有価証券報告書虚偽記載罪
  2 SAR報酬
  3 会社私物化情報
  4 同一容疑での再逮捕
  5 特別背任
  6 通貨スワップ契約
  7 ハリド・ジュファリ氏
  8 無罪判決の可能性

 第12章 日産ゴーン事件オマーン・ルート
  1 オマーン・ルート
  2 アラブの正義
  3 スヘイル・バウワン氏の証言
  4 キャロル夫人の日本脱出劇
  5 事件は公開の裁判へ

 あとがき

 出典
 参考文献「あの日」からの私
他の書籍を検索する