『試される民主主義 20世紀ヨーロッパの政治思想(上)』の詳細情報

試される民主主義 20世紀ヨーロッパの政治思想(上)
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 試される民主主義 20世紀ヨーロッパの政治思想(上)
サブタイトル
著者 [著者区分]■ヤン=ヴェルナー・ミュラー [著・文・その他]
■ヤン=ヴェルナー・ミュラー [著・文・その他]
■板橋 拓己 [監修]
■田口 晃 [監修]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 300p Cコード 0031
発売予定日 2019-07-27 ジャンル 一般/単行本/政治-含む国防軍事
ISBN 9784000613514 判型 46
内容紹介
ウェーバー、ルカーチ、シュミットから、サルトル、フーコー、ハヴェル、ハーバーマスまで、20世紀ヨーロッパを舞台に、民主主義をめぐって数々の思想家たちが織りなしたドラマ。戦間期を扱う上巻は、民主主義の新しい思想的実践とその挫折を描く。『ポピュリズムとは何か』の著者の代表作。
目次
日本語版に寄せて

序 章

第1章 溶融した大衆
 (一部の人びとにとっての)安定の時代
 (ほとんどの)みなさん,さようなら
 自由主義者なき自由主義革命
 ヴェーバーの問いかけ
 壮大な実験
 ヴェーバーの回答(一部の人びとのための)

第2章 大戦間の実験――人民の形成,魂の改造
 多元主義の約束
 教育の政治学
 国民の家庭
 政党と福音伝道者
 新しい人民

第3章 ファシストの主体――全体国家と民族共同体
 ソレルの神話
 ファシスト的解決
 全体国家の神話
 塹壕経験者の支配(トレンチョクラシー)か技術者の支配(テクノクラシー)か?
 ……あるいは生物学による支配(バイオクラシー)?
 国家の死
 諸国民なき広域圏




【下巻目次】
第4章 再建の思想――自己規制する民主主義と「人民民主主義」
第5章 異議申し立ての新時代――「父親なき社会」に向かって
第6章 反政治,そして歴史の終わり?

 謝辞
 訳者あとがき
 注
 事項索引・人名索引
他の書籍を検索する