『死刑制度と刑罰理論 ~死刑はなぜ問題なのか ~ 』の詳細情報

死刑制度と刑罰理論
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 死刑制度と刑罰理論
サブタイトル 死刑はなぜ問題なのか
著者 [著者区分]■井田 良 [著・文・その他]
■井田 良 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 240p Cコード 0032
発売予定日 2022-01-31 ジャンル 一般/単行本/法律
ISBN 9784000615136 判型 46
内容紹介
死刑制度の存廃をめぐっては激しい意見対立が続いている。理論刑法学の卓越した研究者である著者が、刑罰論の観点から死刑制度を考える。死刑存置派、廃止派、あるいは日本の刑法学の通説がともに議論の前提に置く刑罰論=応報刑論の意義を問い直し、その問題点を深く洞察することで、膠着した死刑論議に一石を投じる意欲的な書。
目次
 はじめに

第一章 日本の死刑制度とその運用
 一 現行法における死刑
 二 刑事裁判と死刑
 三 死刑と量刑
 四 死刑とその執行

第二章 死刑制度の刑罰理論的基礎
 一 死刑制度を正当化する論理
 二 刑罰の本質としての責任非難
 三 刑罰制度のあり方を規定する二つのベクトル
 四 本書が目ざそうとするもの

第三章 重罰化傾向はなぜ生じたか
 一 平成時代における刑法思想の変化
 二 立法裁判実務行刑実務に見る重罰化
 三 永山事件と光市母子殺害事件
 四 重罰化の要因と背景

第四章 被害感情と現行の刑罰制度
 一 被害感情とその量刑における考慮
 二 被害感情の充足を阻むものとしての責任非難
 三 被害感情と責任非難の対立関係
 四 再考――刑法は何のためにあるのか

第五章 同害報復から規範の保護へ
 一 刑法による法益保護のメカニズム
 二 刑法は何を保護するのか
 三 実害対応型の応報刑論から規範保護型の応報刑論へ
 四 ヘーゲルの刑罰理論

第六章 死刑存廃論議に与える示唆
 一 実害対応型の応報刑論が導く隘路
 二 規範保護型の応報刑論が描く犯罪者処罰の全体像
 三 公益実現のための刑法
 四 放置してはならない被害感情

補 論 死刑制度をめぐる重要論点
 一 死刑のもつ一般予防効果をめぐる議論
 二 処罰感情と死刑制度
 三 日本人の死生観刑罰観との関係
 四 誤判の可能性と死刑制度
 五 死刑制度の運用のあり方

 おわりに
 索引
他の書籍を検索する