『「昭和天皇拝謁記」を読む ~象徴天皇制への道 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「昭和天皇拝謁記」を読む
サブタイトル 象徴天皇制への道
著者 [著者区分]■古川 隆久 [著・文・その他]
■茶谷 誠一 [著・文・その他]
■冨永 望 [著・文・その他]
■瀬畑 源 [著・文・その他]
■河西 秀哉 [著・文・その他]
■舟橋 正真 [著・文・その他]
■吉見 直人 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
2600円 シリーズ
ページ数 304p Cコード 0021
発売予定日 2024-08-08 ジャンル 一般/単行本/日本歴史
ISBN 9784000616492 判型 46
内容紹介
天皇・側近たちの貴重な肉声が残された現代史の第一級史料、「昭和天皇拝謁記」。翻刻にあたった著者陣がその読みどころをわかりやすく解説する。象徴天皇制を始動させるにあたり、天皇は何を考え、宮内庁はじめ周囲はどう動いたのか。最良の「拝謁記」副読本にして、現代の、そしてこれからの天皇制を考えるための必携本。
目次
著者略歴(古川 隆久)
古川 隆久
日本大学教授
著者略歴(茶谷 誠一)
茶谷 誠一
志學館大学教授
著者略歴(冨永 望)
冨永 望
公益財団法人政治経済研究所研究員
著者略歴(瀬畑 源)
瀬畑 源
龍谷大学准教授
著者略歴(河西 秀哉)
河西 秀哉
名古屋大学大学院准教授
著者略歴(舟橋 正真)
舟橋 正真
公益財団法人政治経済研究所研究員
著者略歴(吉見 直人)
吉見 直人
ジャーナリスト
他の書籍を検索する