『桃太郎・舌きり雀・花さか爺 ~日本の昔ばなし  ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 桃太郎・舌きり雀・花さか爺
サブタイトル 日本の昔ばなし 
著者 [著者区分]■関 敬吾 [編集]
■関 敬吾 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
660円 シリーズ 岩波文庫 黄236-2
ページ数 238p Cコード 0195
発売予定日 1956-12-05 ジャンル 一般/文庫/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784003023624 判型 文庫(A6)
内容紹介
目次


この本を読まれるみなさまへ

一 桃太郎

二 桃の子太郎

三 竹の子童児

四 竹きり爺

五 灰坊

六 百合若大臣

七 かえるの報恩

八 狐女房

九 文福茶釜

一〇 みず木の言葉

一一 山梨とり

一二 鬼の妹

一三 鬼が笑う

一四 舌きり雀

一五 猿地蔵さま

一六 鼻たれ小僧

一七 沼の主のつかい

一八 おきあがり小法師

一九 味噌かい橋

二〇 夢見小僧

二一 三年寝太郎

二二 最後のうそ

二三 うそ袋

二四 尻なりべら

二五 鼻かみ権次

二六 もとの平六

二七 智恵あり殿

二八 話千両

二九 和尚と小僧

 1 かい餅の親

 2 耳にふとん

 3 かみがない

三〇 三人のむこ

三一 御意の頭

三二 馬鹿むこどの

 1 こうするものだ

 2 一つおぼえ

 3 むこの秋ぶるまい

三三 三人のくせ

三四 こんび太郎

三五 鷹の児

三六 蛇むすこ

三七 べに皿かけ皿

三八 お月お星

三九 鬼のむこ

四〇 三枚のお札

四一 猫と釜蓋

四二 しっぺい太郎

四三 山わろと狩人

四四 たのきゅー

四五 花さか爺

四六 腰おり雀

四七 鯉の報恩

四八 竜宮の猫

四九 塩ふき臼

五〇 一目千両

五一 鼻のび糸巻

五二 宝ふくべ

五三 宝下駄

五四 宝の化物

五五 若返りの水

五六 あわて者

五七 金を拾ったら

五八 三人の商人

五九 二人の無精者

六〇 おろかな親父

 1 女房鼻くそになる

 2 女房の出口

 3 胸で小豆をにる

六一 雪女房

六二 尼裁判(松山鏡)

六三 おろか村の人々

 1 「ねぎ」を出せ

 2 鯛をつくる

 3 芋をころがす

六四 もぐらもちの嫁

六五 こんにゃく問答

六六 二反の白

六七 仁王とどっこい

六八 狸の巣

六九 藁のおくりもの

七〇 はてなし話

附図「桃太郎・舌きり雀・花さか爺」の分布図
他の書籍を検索する