『江戸漢詩選』の詳細情報

江戸漢詩選
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 江戸漢詩選
サブタイトル
著者 [著者区分]■揖斐 高 [翻訳]
■揖斐 高 [翻訳]
■揖斐 高 [翻訳]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ 岩波文庫
ページ数 470p Cコード 0192
発売予定日 2021-01-18 ジャンル 一般/文庫/日本文学詩歌
ISBN 9784003028513 判型
内容紹介
江戸時代に大きく花開いた日本の漢詩の世界。二百六十年余の間に活躍した詩人から百五十人・三百二十首を選び、およそ生年順に配列、詩人小伝や丁寧な語注と共に編む決定版アンソロジー。上巻は幕初の藤原惺窩に始まり江戸中期まで、林羅山、新井白石、祇園南海、荻生徂徠、伊藤仁斎、菅茶山らの詩を収録する。(全二冊)
目次
凡 例


幕初期(慶長―貞享期頃)
 藤原惺窩
 伊達政宗
 林羅山
 石川丈山
 松永尺五
 那波活所
 中江藤樹
 冷泉為景
 林鵞峰
 山崎闇斎
 木下順庵
 安東省庵
 元 政
 伊藤坦庵
 林読耕斎
 村上冬嶺
 伊藤仁斎
 徳川光圀
 独庵玄光
 後光明天皇
 人見竹洞
 林梅洞
 林鳳岡
 笠原雲渓
 鳥山芝軒

前 期(元禄―宝暦期頃)
 新井白石
 室鳩巣
 井上通女
 荻生徂徠
 萬庵原資
 伊藤東涯
 入江若水
 梁田蛻巌
 売茶翁
 祇園南海
 大潮元皓
 桂山彩巌
 多湖栢山
 太宰春臺
 内田桃仙
 安藤東野
 服部南郭
 山県周南
 平野金華
 本多猗蘭
 秋山玉山
 高野蘭亭
 湯浅常山
 鵜殿士寧


中 期(明和―寛政期頃)
 江村北海
 龍草廬
 野村東皐
 大典顕常
 清田儋叟
 三浦梅園
 松崎観海
 千葉芸閣
 細井平洲
 中井竹山
 多田季婉
 立花玉蘭
 六 如
 皆川淇園
 西山拙斎
 藪孤山
 柴野栗山
 葛子琴
 川治南山
 山村蘇門
 赤松蘭室
 亀井南冥
 村瀬栲亭
 頼春水
 尾藤二洲
 赤田臥牛
 菅茶山
 大田南畝
他の書籍を検索する