『年代記 下(タキトゥス) ~ティベリウス帝からネロ帝へ ~ 』の詳細情報

年代記 下(タキトゥス)
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 年代記 下(タキトゥス)
サブタイトル ティベリウス帝からネロ帝へ
著者 [著者区分]■タキトゥス [著・文・その他]
■タキトゥス [著・文・その他]
■国原 吉之助 [翻訳]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
1070円 シリーズ 岩波文庫 青408-4
ページ数 425p Cコード 0122
発売予定日 1981-04-16 ジャンル 一般/文庫/外国歴史
ISBN 9784003340837 判型 文庫(A6)
内容紹介
目次
目 次

  凡 例

(第二部 クラウディウスとネロ)

 第十一巻
    (紀元四七年)
   一 メッサリナの驕り(1節─15節)
   二 ゲルマニアの状勢(16節─21節)
    (紀元四八年)
   三 クラウディウスの演説(22節─25節)
   四 メッサリナの破滅(26節─38節)
  附録 『クラウディウスの演説』
 第十二巻
    (紀元四八─四九年)
   一 クラウディウスの再婚(1節─9節)
   二 東方の動乱(つづき)(10節─21節)
    (紀元四九─五〇年)
   三 アグリッピナの野心(22節─26節)
   四 西方の動乱(27節─40節)
    (紀元五一年)
   五 アグリッピナの野心(つづき)(41節─43節)
   六 アルメニアの戦役(44節─51節)
    (紀元五二─五四年)
   七 クラウディウスの晩年と死(52節─69節)
 第十三巻
    (紀元五四─五五年)
   一 ネロの統治始まる(1節─11節)
   二 ネロと母アグリッピナ(12節─24節)
    (紀元五六─五七年)
   三 首都の出来事(25節─33節)
    (紀元五八年)
   四 コルブロの東方遠征(34節─41節)
   五 首都の出来事(42節─52節)
   六 ゲルマニアの状勢(53節─58節)
 第十四巻
    (紀元五九年)
   一 アグリッピナの暗殺(1節─13節)
    (紀元五九─六〇年)
   二 ネロ祭(14節─28節)
    (紀元六一年)
   三 ブリタンニアの動乱(29節─39節)
    (紀元六一─六二年)
   四 首都の出来事(40節─50節)
   五 セネカの隠退(51節─65節)
 第十五巻
    (紀元六二年)
   一 アルメニア戦役(つづき)(1節─32節)
    (紀元六四年)
   二 ローマの大火(33節─47節)
    (紀元六五年)
   三 ピソ一派の陰謀(48節─74節)
 第十六巻
    (紀元六五年)
   一 無実な犠牲者たち(1節─20節)
   二 ストア派哲学者たちの死(21節─35節)
  ……原典欠損……
  [訳者附記]

   訳 注
   解 題
   附 録
     (一) ローマ帝政初期の昇官順序
     (二) ローマ帝政初期の軍隊
     (三) ローマ帝政初期の経済状況
     (四) カエサル家系図
     (五) 一世紀前半のローマ世界

   あとがき
他の書籍を検索する