『源義経』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 源義経
サブタイトル
著者 [著者区分]■五味 文彦 [著・文・その他]
■五味 文彦 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
820円 シリーズ 岩波新書 新赤版914
ページ数 240p Cコード 0221
発売予定日 2004-10-20 ジャンル 一般/新書/日本歴史
ISBN 9784004309147 判型 新書(B40)
内容紹介
目次
はじめに

Ⅰ 幼きころ──史料の性格を考える

 信頼できる史料は何か 父と兄たち 母の周辺 『平治物語』の性格 常磐の物語のテーマ 観音信仰の物語 竜門の地

Ⅱ 童の時代──『平治物語』の世界

 「義経物語」の始まり 鞍馬山の沙那王 金商人の話 金売り吉次の実像 諸陵助重頼と義経 義経物語と曾我・小栗判官

Ⅲ 英雄への階梯──『義経記』の世界

 「しやうもん坊」の勧め 奥州下り 鬼一法眼と法師陰陽師 武蔵房弁慶の物語 義経と弁慶との出会い 『弁慶物語』の成立

Ⅳ 英雄時代──『吾妻鏡』の世界

 奥州の世界 義経と『吾妻鏡』 鎌倉の義経 鎌倉殿の代官 木曾追討 一の谷の合戦 義経に集まる期待

Ⅴ 義経の力──文書から探る

 畿内近国の支配権 人材を集める 義経の手勢 弁慶の実像 大夫判官義経 義経をめぐる女性たち

Ⅵ 合戦の英雄──合戦記と物語

 追討と畿内近国支配 大将軍の器量 屋島の合戦 壇ノ浦の戦 平氏の滅亡 義経の試練

Ⅶ 頼朝との対立──書状の役割

 景時の讒訴 腰越状 頼朝の目論見 義経の反撃 義経包囲網 刺客の派遣

Ⅷ 落日の義経──宣旨と院宣

 義経の挙兵 没落の船出 大勢一転 吉野の義経 幕府と朝廷の関係

Ⅸ 静の物語──『吾妻鏡』と『玉葉』

 静と磯禅師 静の芸 捜索の手 追及を受ける人々 大捜索

Ⅹ 奥州の世界へ──記録と伝説

 逃避行 平泉の世界 奥州藤原氏と頼朝 義経の最期 栄華の跡 義経伝説の広がり

おわりに

参考文献

源義経関連略年表

あとがき

キーワード
他の書籍を検索する