『摂関政治 ~シリーズ 日本古代史 6 ~ 』の詳細情報

摂関政治
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 摂関政治
サブタイトル シリーズ 日本古代史 6
著者 [著者区分]古瀬 奈津子 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
840円 シリーズ 岩波新書 新赤版1276
ページ数 240p Cコード 0221
発売予定日 2011-12-20 ジャンル 一般/新書/日本歴史
ISBN 9784004312765 判型 新書(B40)
内容紹介
目次
はじめに――藤原道長の「我が世」とは
 
第一章 摂政・関白制度の誕生
1 なぜ「摂関」が生まれたか
2 「安和の変」後の社会

第二章 道長がつくった時代
1 道長の外戚政策
2 新しい政治の枠組み
3 天皇に近づく道長

第三章 「殿上人」の世界
1 公卿・殿上人たちの生活
2 后と女房たち

第四章 ひろがりゆく「都市」と「地方」
1 中下級貴族の暮らし
2 都市の民と祭り
3 受領たちがみた「地方」

第五章 国際関係のなかの摂関政治
1 遣唐使廃止後の国際関係
2 中国に渡る僧侶たち

第六章 頼通の世から「末法」の世へ
1 頼通が受け継いだ世
2 荘園の発達と公卿たち
3 「武士」登場の系譜と摂関家
4 「末法の世」のはじまり

おわりに――「古代貴族」と「律令国家」の終焉
図版出典一覧
参考文献
略年表
索 引
他の書籍を検索する