『日本の近代とは何であったか ~問題史的考察 ~ 』の詳細情報

日本の近代とは何であったか
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本の近代とは何であったか
サブタイトル 問題史的考察
著者 [著者区分]■三谷 太一郎 [著・文・その他]
■三谷 太一郎 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
940円 シリーズ 岩波新書 新赤版 1650
ページ数 288p Cコード 0221
発売予定日 2017-03-24 ジャンル 一般/新書/日本歴史
ISBN 9784004316503 判型 新書(B40)
内容紹介
目次
序 章 日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか

第一章 なぜ日本に政党政治が成立したのか
 1 政党政治成立をめぐる問い
 2 幕藩体制の権力抑制均衡メカニズム
 3 「文芸的公共性」の成立――森鷗外の「史伝」の意味
 4 幕末の危機下の権力分立論と議会制論
 5 明治憲法下の権力分立制と議会制の政治的帰結
 6 体制統合の主体としての藩閥と政党
 7 アメリカと対比して見た日本の政党政治
 8 政党政治の終わりと「立憲的独裁」

第二章 なぜ日本に資本主義が形成されたのか
 1 自立的資本主義化への道
 2 自立的資本主義の四つの条件
  (1)政府主導の「殖産興業」政策の実験
  (2)国家資本の源泉としての租税制度の確立
  (3)資本主義を担う労働力の育成
  (4)対外平和の確保
 3 自立的資本主義の財政路線
 4 日清戦争と自立的資本主義からの転換
 5 日露戦争と国際的資本主義への決定的転化
 6 国際的資本主義のリーダーの登場
 7 国際的資本主義の没落

第三章 日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか
 1 植民地帝国へ踏み出す日本
 2 日本はなぜ植民地帝国となったか
 3 日本はいかに植民地帝国を形成したのか
  (1)日露戦争後――朝鮮と関東州租借地の統治体制の形成
  (2)大正前半期――主導権確立を目指す陸軍
  (3)大正後半期――朝鮮の三・一独立運動とそれへの対応
 4 新しい国際秩序イデオロギーとしての「地域主義」
  (1)一九三〇年代――「帝国主義」に代わる「地域主義」の台頭
  (2)太平洋戦争後――米国の「地域主義」構想とその後

第四章 日本の近代にとって天皇制とは何であったか
 1 日本の近代を貫く機能主義的思考様式
 2 キリスト教の機能的等価物としての天皇制
 3 ドイツ皇帝と大日本帝国天皇
 4 「教育勅語」はいかに作られたのか
 5 多数者の論理と少数者の論理

終 章 近代の歩みから考える日本の将来
 1 日本の近代の何を問題としたのか
 2 日本の近代はどこに至ったのか
 3 多国間秩序の遺産をいかに生かすか

あとがき
人名索引
他の書籍を検索する