『AIの時代と法』の詳細情報

AIの時代と法
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル AIの時代と法
サブタイトル
著者 [著者区分]■小塚 荘一郎 [著・文・その他]
■小塚 荘一郎 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
880円 シリーズ 岩波新書
ページ数 246p Cコード 0232
発売予定日 2019-11-21 ジャンル 一般/新書/法律
ISBN 9784004318095 判型 新書(B40)
内容紹介
仮想通貨,データ取引,シェアリングエコノミー…….AIをはじめとするデジタル技術の発展は,これまでの「法」ではとらえきれない事態を生じさせ,さまざまな課題をつきつけている.近代社会を規律してきた「法」のゆらぎは一体何を意味するのか.ビジネス法の最前線で起きている問題を取り上げながら考える.
目次
はしがき

第1章 デジタル技術に揺らぐ法
 1 デジタル技術と人間の能力の拡張
 2 法制度に対する期待と不満

第2章 AIとシェアリング・エコノミー――利用者と消費者の間
 1 消費者がモノを持たない時代
 2 AIの間違いと暴走
 3 責任の所在――メーカー・売り手・プラットフォーム

第3章 情報法の時代――「新時代の石油」をめぐって
 1 プライバシー対「データの活用」
 2 誰のプライバシーか
 3 情報法の構造

第4章 法と契約と技術――何が個人を守るのか
 1 AIに関する原則と「コード」の支配
 2 縮小する「法の領域」
 3 間違わないAIの問題

第5章 国家権力対プラットフォーム
 1 仮想通貨は国家を壊すか
 2 デジタル版の「新国際経済秩序」
 3 法を執行する「コード」と権力に対抗する「コード」

第6章 法の前提と限界
 1 スマートコントラクトと近代法
 2 社会を守るガバナンス

参考文献
あとがき
他の書籍を検索する