『博士の愛したジミな昆虫』の詳細情報

博士の愛したジミな昆虫
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 博士の愛したジミな昆虫
サブタイトル
著者 [著者区分]■安田 弘法 [編集]
■金子 修治 [編集]
■金子 修治 [編集]
■金子 修治 [編集]
■鈴木 紀之 [編集]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
880円 シリーズ 岩波ジュニア新書
ページ数 266p Cコード 0245
発売予定日 2020-04-19 ジャンル 一般/新書/生物学
ISBN 9784005009169 判型 新書(B40)
内容紹介
カブトムシもクワガタも、アゲハも、トンボも出てこない。スター昆虫ではないけれど、ジミな虫たちだって、やってることはスゴすぎる…!! SFみたいなびっくり生態、植物やほかの虫たちとの複雑怪奇なからみ合い。その謎を解いていくワクワクを、10人の昆虫博士たちが愛した、とびっきりジミな昆虫の研究から熱く語る!
目次
はじめに

第1章 すみわけ、食べわけ、サバイバル! 
 ・そっくりな虫どうしのジミな「ケンカ」―テントウムシのすみわけはなぜ起きる? 鈴木紀之 
 ・逃げるが勝ち!のモンシロチョウ 大崎直太 

第2章 共進化が生んだ「オンリー・ユー」 
 ・ゾウムシの「槍」とツバキの「盾」の共進化 東樹宏和
 ・相思相愛? アリと植物のコミュニケーション 村瀬香

第3章 敵か、味方か? 関係はフクザツなのだ
 ・敵の敵は友? 寄生蜂と植物の関係 ―化学物質を介した相互作用 塩尻かおり
 ・敵を味方に! 敵の敵は味方? ―アリを恐れないアブラムシの天敵たち 金子修治

第4章 外来種がやって来た!
 ・ヒアリ、アルゼンチンアリはなぜはびこる? ―外来種の研究と生物多様性 辻和希
  ・虫を調べに南へ北へ―外来昆虫の新天地への適応 田中幸一

第5章 多様なムシの集まり、食うか食われるか!
 ・ただの虫のただならぬ働き ―農業害虫と天敵 桐谷圭治
 ・弱者だって、共存できる! ―「まさか!」と「ご縁」の研究生活 安田弘法 

おわりに
他の書籍を検索する