『ヨーロッパ史入門 市民革命から現代へ』の詳細情報

ヨーロッパ史入門 市民革命から現代へ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ヨーロッパ史入門 市民革命から現代へ
サブタイトル
著者 [著者区分]■池上 俊一 [著・文・その他]
■池上 俊一 [著・文・その他]
出版社 岩波書店 レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ 岩波ジュニア新書
ページ数 256p Cコード 0222
発売予定日 2022-01-24 ジャンル 一般/新書/外国歴史
ISBN 9784005009466 判型 新書(B40)
内容紹介
一八世紀になるとヨーロッパをまとめてきたキリスト教の影響力が弱まり、ヨーロッパを形成する国々はさらなる合体や分裂をくり返すことになった。近代国家成立を決定づけた革命や新しい思想の誕生、二度にわたる大戦、アメリカや中国の台頭を経て、「古い大陸」ヨーロッパはどこへ向かうのか? 近代から現代までの歴史を俯瞰する。
目次
 まえがき

第1章 啓蒙主義から市民革命へ――近代市民社会への道程(18世紀)
 啓蒙思想と理性の称揚
 一八世紀の諸国家とその政治・外交
 「市民(ブルジョワ)」の登場とカトリシズム
 「小国」の運命/モスクワ大公国からロシア帝国へ
 白人至上主義と人種不平等論
 三角貿易と一八世紀の経済

第2章 近代世界システム――国家・帝国・資本主義(19世紀)
 アメリカ独立革命とフランス革命
 ナポレオンと国民意識
 ウィーン体制とイタリア・ドイツの国家統一
 国語と言語教育
 ロマン主義の夢
 ナショナリズムと地域ナショナリズム
 脱キリスト教化の進行と社会主義
 自由主義と友愛・結社
 産業革命とヨーロッパの急成長
 資本主義と近代都市
 世界を植民地化するヨーロッパ
 移民の時代
 進歩史観と視覚の専横
 ビスマルク体制とその後

第3章 二つの世界大戦――悪夢の世紀(20世紀)
 帝国主義の時代
 第一次世界大戦とその結果
 ロシア革命
 ヴェルサイユ条約から世界恐慌へ
 第二次世界大戦と植民地解放
 冷戦時代
 民族主義の噴出

第4章 ヨーロッパはどこへ?――解体か再生か(21世紀)
 EUの試練と展望
 アメリカという鬼っ子
 「英語帝国主義」の脅威
 覇権国家を目指す中国との関係
 外国人移民増加への対応策
 イスラーム問題にゆれるヨーロッパ
 解体するイデオロギー・世界をおおうヨーロッパ的原理
 ヨーロッパの未来

 文献案内
 あとがき
 ヨーロッパ史年表
 事項・人名索引
他の書籍を検索する